気象庁「いつどこで大雨が起こるかわからない状況」と警戒呼びかけ

気象庁は今後の雨の見通しについて「いつどこで大雨が起こるかわからない状況」と警戒を呼びかけた。

【映像】熱海市土石流現場 ドローン撮影映像
気象庁によると、3日に土石流が発生した静岡県熱海市付近では今後も梅雨前線の影響で雨が多い状態が続くという。6日の気温が29度まで上がると予想されることから被災者などにしっかりと体調管理をするよう呼びかけている。