冷蔵庫に両親の遺体を遺棄容疑、次男を逮捕 福岡県警

福岡市西区横浜の住宅で業務用冷蔵庫の中から高齢夫婦の遺体が見つかった事件で、福岡県警西署の捜査本部は4日、行方不明だった夫婦の次男で無職の松本淳二容疑者(59)を死体遺棄容疑で逮捕した。「両親の遺体を昔使っていた冷蔵庫に隠したことは間違いない」と容疑を認めているという。松本容疑者は両親の殺害についてもほのめかしており、捜査本部は死亡の経緯も詳しく調べる。
「私だって人間。死刑は怖い」筧千佐子被告動揺
逮捕容疑は6月23日ごろ自宅で、父博和さん(88)と母満喜枝さん(87)の遺体を業務用冷蔵庫(高さ約2・3メートル、幅1・5メートル、奥行き0・6メートル)の中に入れるなどして遺棄したとしている。遺体が見つかった冷蔵庫には電源が入っておらず、外側からテープで目張りされていたという。
捜査本部によると、松本容疑者は6月23日夕、自宅付近で自転車に乗る姿が目撃されていた。付近の聞き込みや防犯カメラなどで足取りを追ったところ、その後は複数県にまたがりホテルを転々としていたことが判明。7月3日時点で京都市内のホテルに滞在していたことを突き止め、翌4日朝、同市下京区内のホテル駐車場で身柄を確保した。【佐藤緑平、飯田憲】