また千葉県で… 小学校低学年か、車にはねられ死亡

千葉県市原市で小学校低学年とみられる男の子が、道路を横断中に車にはねられて死亡しました。
3日午後2時半ごろ、市原市で「乗用車と歩行者の事故です。小学1、2年生くらいの男の子がはね飛ばされて意識がありません」と110番通報がありました。
小学校低学年とみられる男の子は道路を横断中にはねられた模様で、搬送先の病院で死亡が確認されました。
警察は乗用車を運転していた自称・パートの石橋千紘容疑者(34)を過失運転致傷の疑いで逮捕しました。