パンツの「しわ」が勝手に消える…! スーツのプロが教える「豆知識」に反響→やり方のコツは?担当者に聞いた

スーツのパンツにつく「しわ」に困っている人は少なくないだろう。ハンガーに吊るしておいても簡単に取れるものではないし、毎日アイロンをかけるのも手間である。
そんな人にお勧めのライフハックを、オーダーメイドのスーツブランド「KASHIYAMA(カシヤマ)」公式アカウントが2021年6月中旬にツイッターで紹介した。なんでも、ハンガーの吊るし方を少し工夫するだけで、しわが綺麗に伸びるのだという。
投稿は4万件を超える「いいね」が寄せられるなど、大きな注目が集まっている。J-CASTニュースはKASHIYAMAのツイッター担当者に、詳しい話を聞いた。
KASHIYAMAは、オンワード樫山(東京都中央区)が展開するスーツブランドだ。オーダーメイドスーツや、客の足の形に合わせて制作するカスタムメイドパンプスを販売している。公式ツイッターアカウントでは、洋服の豆知識などを発信している。
そんな同社のツイッター担当者が6月24日、「スーツの会社に入って一番役に立った豆知識」として紹介したパンツのしわ伸ばし方法が大きな注目を集めた。「私がスーツの会社に入って一番役に立った豆知識のひとつが『ベルトを通したままでハンギングすると重さでシワが伸びる』というライフハックです。スーツ以外のパンツでも使えます」多くの人はパンツの腰部分を上にしてハンギングしているのではないだろうか。しかしベルトを外さずに、ズボンの裾を上向きにすると、ベルトの重みでしわが伸びるというのである。J-CASTニュースの取材に、担当者はさらに詳しいコツを教えてくれた。クリースラインに気を付けようKASHIYAMAのツイッター担当者によれば、このライフハックを実践する際のコツは2点。「クリースライン(センタープレス)に合わせてハンギング」し、「地面につかないようにする」ことで上手にしわを伸ばせるという。「クリースライン(センタープレス)」とは、スラックスの前身頃と後身頃の中心にある折り目のことだ。この折り目に沿って畳んで、ハンガーにかけよう。担当者は「いちいちベルトをとらないので朝の時短になる(!)」と、このハンギング方法を一押しする。一方で、風呂場など湿気の多いところでは不向きだそうだ。またストレッチ素材など伸縮性のある素材にも合わないので、注意しよう。さて、人によっては毎日着るスーツ。どれくらい持つものなのだろうか。担当者によれば、ものにもよるが5年以上は着られるという。「着用頻度や生地にもよりますが、春夏物、秋冬物を分け週1回程度の着用であれば5年以上着用できます。ものによっては20年~30年でも着用できます」長持ちさせるためには、連日の着用を避けることが重要だそう。季節ものを使い分け、各スーツ週に1回程度の着用にとどめるのが良いという。「特に夏の時期はパンツが先にダメになっていくので、2パンツスーツ(ジャケット1着に対し2本のパンツ)で仕立てると長い間お召しいただけます。]高い頻度のクリーニングも痛みの原因となるので、1シーズンに1回程度を推奨している。また自宅で保管する際には、静電気を避けてほしいという。ハンガーは、静電気を帯びづらく除湿効果もあるとされる木製のハンガーを使うのがおすすめだそうだ。また着用後は、やはり静電気を帯びづらい豚毛や馬毛など天然素材のものでブラッシングをすることで、長持ちさせられるとのことだ。こうしたメンテナンス方法は、KASHIYAMA公式YouTubeチャンネル上でも紹介している。ツイッター担当者は、「スーツを着る機会が減った昨今だからこそ正しいスーツの着こなし方を広めたい」と意気込んでいる。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
多くの人はパンツの腰部分を上にしてハンギングしているのではないだろうか。しかしベルトを外さずに、ズボンの裾を上向きにすると、ベルトの重みでしわが伸びるというのである。J-CASTニュースの取材に、担当者はさらに詳しいコツを教えてくれた。クリースラインに気を付けようKASHIYAMAのツイッター担当者によれば、このライフハックを実践する際のコツは2点。「クリースライン(センタープレス)に合わせてハンギング」し、「地面につかないようにする」ことで上手にしわを伸ばせるという。「クリースライン(センタープレス)」とは、スラックスの前身頃と後身頃の中心にある折り目のことだ。この折り目に沿って畳んで、ハンガーにかけよう。担当者は「いちいちベルトをとらないので朝の時短になる(!)」と、このハンギング方法を一押しする。一方で、風呂場など湿気の多いところでは不向きだそうだ。またストレッチ素材など伸縮性のある素材にも合わないので、注意しよう。さて、人によっては毎日着るスーツ。どれくらい持つものなのだろうか。担当者によれば、ものにもよるが5年以上は着られるという。「着用頻度や生地にもよりますが、春夏物、秋冬物を分け週1回程度の着用であれば5年以上着用できます。ものによっては20年~30年でも着用できます」長持ちさせるためには、連日の着用を避けることが重要だそう。季節ものを使い分け、各スーツ週に1回程度の着用にとどめるのが良いという。「特に夏の時期はパンツが先にダメになっていくので、2パンツスーツ(ジャケット1着に対し2本のパンツ)で仕立てると長い間お召しいただけます。]高い頻度のクリーニングも痛みの原因となるので、1シーズンに1回程度を推奨している。また自宅で保管する際には、静電気を避けてほしいという。ハンガーは、静電気を帯びづらく除湿効果もあるとされる木製のハンガーを使うのがおすすめだそうだ。また着用後は、やはり静電気を帯びづらい豚毛や馬毛など天然素材のものでブラッシングをすることで、長持ちさせられるとのことだ。こうしたメンテナンス方法は、KASHIYAMA公式YouTubeチャンネル上でも紹介している。ツイッター担当者は、「スーツを着る機会が減った昨今だからこそ正しいスーツの着こなし方を広めたい」と意気込んでいる。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
J-CASTニュースの取材に、担当者はさらに詳しいコツを教えてくれた。クリースラインに気を付けようKASHIYAMAのツイッター担当者によれば、このライフハックを実践する際のコツは2点。「クリースライン(センタープレス)に合わせてハンギング」し、「地面につかないようにする」ことで上手にしわを伸ばせるという。「クリースライン(センタープレス)」とは、スラックスの前身頃と後身頃の中心にある折り目のことだ。この折り目に沿って畳んで、ハンガーにかけよう。担当者は「いちいちベルトをとらないので朝の時短になる(!)」と、このハンギング方法を一押しする。一方で、風呂場など湿気の多いところでは不向きだそうだ。またストレッチ素材など伸縮性のある素材にも合わないので、注意しよう。さて、人によっては毎日着るスーツ。どれくらい持つものなのだろうか。担当者によれば、ものにもよるが5年以上は着られるという。「着用頻度や生地にもよりますが、春夏物、秋冬物を分け週1回程度の着用であれば5年以上着用できます。ものによっては20年~30年でも着用できます」長持ちさせるためには、連日の着用を避けることが重要だそう。季節ものを使い分け、各スーツ週に1回程度の着用にとどめるのが良いという。「特に夏の時期はパンツが先にダメになっていくので、2パンツスーツ(ジャケット1着に対し2本のパンツ)で仕立てると長い間お召しいただけます。]高い頻度のクリーニングも痛みの原因となるので、1シーズンに1回程度を推奨している。また自宅で保管する際には、静電気を避けてほしいという。ハンガーは、静電気を帯びづらく除湿効果もあるとされる木製のハンガーを使うのがおすすめだそうだ。また着用後は、やはり静電気を帯びづらい豚毛や馬毛など天然素材のものでブラッシングをすることで、長持ちさせられるとのことだ。こうしたメンテナンス方法は、KASHIYAMA公式YouTubeチャンネル上でも紹介している。ツイッター担当者は、「スーツを着る機会が減った昨今だからこそ正しいスーツの着こなし方を広めたい」と意気込んでいる。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
KASHIYAMAのツイッター担当者によれば、このライフハックを実践する際のコツは2点。「クリースライン(センタープレス)に合わせてハンギング」し、「地面につかないようにする」ことで上手にしわを伸ばせるという。「クリースライン(センタープレス)」とは、スラックスの前身頃と後身頃の中心にある折り目のことだ。この折り目に沿って畳んで、ハンガーにかけよう。担当者は「いちいちベルトをとらないので朝の時短になる(!)」と、このハンギング方法を一押しする。一方で、風呂場など湿気の多いところでは不向きだそうだ。またストレッチ素材など伸縮性のある素材にも合わないので、注意しよう。さて、人によっては毎日着るスーツ。どれくらい持つものなのだろうか。担当者によれば、ものにもよるが5年以上は着られるという。「着用頻度や生地にもよりますが、春夏物、秋冬物を分け週1回程度の着用であれば5年以上着用できます。ものによっては20年~30年でも着用できます」長持ちさせるためには、連日の着用を避けることが重要だそう。季節ものを使い分け、各スーツ週に1回程度の着用にとどめるのが良いという。「特に夏の時期はパンツが先にダメになっていくので、2パンツスーツ(ジャケット1着に対し2本のパンツ)で仕立てると長い間お召しいただけます。]高い頻度のクリーニングも痛みの原因となるので、1シーズンに1回程度を推奨している。また自宅で保管する際には、静電気を避けてほしいという。ハンガーは、静電気を帯びづらく除湿効果もあるとされる木製のハンガーを使うのがおすすめだそうだ。また着用後は、やはり静電気を帯びづらい豚毛や馬毛など天然素材のものでブラッシングをすることで、長持ちさせられるとのことだ。こうしたメンテナンス方法は、KASHIYAMA公式YouTubeチャンネル上でも紹介している。ツイッター担当者は、「スーツを着る機会が減った昨今だからこそ正しいスーツの着こなし方を広めたい」と意気込んでいる。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
担当者は「いちいちベルトをとらないので朝の時短になる(!)」と、このハンギング方法を一押しする。一方で、風呂場など湿気の多いところでは不向きだそうだ。またストレッチ素材など伸縮性のある素材にも合わないので、注意しよう。さて、人によっては毎日着るスーツ。どれくらい持つものなのだろうか。担当者によれば、ものにもよるが5年以上は着られるという。「着用頻度や生地にもよりますが、春夏物、秋冬物を分け週1回程度の着用であれば5年以上着用できます。ものによっては20年~30年でも着用できます」長持ちさせるためには、連日の着用を避けることが重要だそう。季節ものを使い分け、各スーツ週に1回程度の着用にとどめるのが良いという。「特に夏の時期はパンツが先にダメになっていくので、2パンツスーツ(ジャケット1着に対し2本のパンツ)で仕立てると長い間お召しいただけます。]高い頻度のクリーニングも痛みの原因となるので、1シーズンに1回程度を推奨している。また自宅で保管する際には、静電気を避けてほしいという。ハンガーは、静電気を帯びづらく除湿効果もあるとされる木製のハンガーを使うのがおすすめだそうだ。また着用後は、やはり静電気を帯びづらい豚毛や馬毛など天然素材のものでブラッシングをすることで、長持ちさせられるとのことだ。こうしたメンテナンス方法は、KASHIYAMA公式YouTubeチャンネル上でも紹介している。ツイッター担当者は、「スーツを着る機会が減った昨今だからこそ正しいスーツの着こなし方を広めたい」と意気込んでいる。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
さて、人によっては毎日着るスーツ。どれくらい持つものなのだろうか。担当者によれば、ものにもよるが5年以上は着られるという。「着用頻度や生地にもよりますが、春夏物、秋冬物を分け週1回程度の着用であれば5年以上着用できます。ものによっては20年~30年でも着用できます」長持ちさせるためには、連日の着用を避けることが重要だそう。季節ものを使い分け、各スーツ週に1回程度の着用にとどめるのが良いという。「特に夏の時期はパンツが先にダメになっていくので、2パンツスーツ(ジャケット1着に対し2本のパンツ)で仕立てると長い間お召しいただけます。]高い頻度のクリーニングも痛みの原因となるので、1シーズンに1回程度を推奨している。また自宅で保管する際には、静電気を避けてほしいという。ハンガーは、静電気を帯びづらく除湿効果もあるとされる木製のハンガーを使うのがおすすめだそうだ。また着用後は、やはり静電気を帯びづらい豚毛や馬毛など天然素材のものでブラッシングをすることで、長持ちさせられるとのことだ。こうしたメンテナンス方法は、KASHIYAMA公式YouTubeチャンネル上でも紹介している。ツイッター担当者は、「スーツを着る機会が減った昨今だからこそ正しいスーツの着こなし方を広めたい」と意気込んでいる。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
長持ちさせるためには、連日の着用を避けることが重要だそう。季節ものを使い分け、各スーツ週に1回程度の着用にとどめるのが良いという。「特に夏の時期はパンツが先にダメになっていくので、2パンツスーツ(ジャケット1着に対し2本のパンツ)で仕立てると長い間お召しいただけます。]高い頻度のクリーニングも痛みの原因となるので、1シーズンに1回程度を推奨している。また自宅で保管する際には、静電気を避けてほしいという。ハンガーは、静電気を帯びづらく除湿効果もあるとされる木製のハンガーを使うのがおすすめだそうだ。また着用後は、やはり静電気を帯びづらい豚毛や馬毛など天然素材のものでブラッシングをすることで、長持ちさせられるとのことだ。こうしたメンテナンス方法は、KASHIYAMA公式YouTubeチャンネル上でも紹介している。ツイッター担当者は、「スーツを着る機会が減った昨今だからこそ正しいスーツの着こなし方を広めたい」と意気込んでいる。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
高い頻度のクリーニングも痛みの原因となるので、1シーズンに1回程度を推奨している。また自宅で保管する際には、静電気を避けてほしいという。ハンガーは、静電気を帯びづらく除湿効果もあるとされる木製のハンガーを使うのがおすすめだそうだ。また着用後は、やはり静電気を帯びづらい豚毛や馬毛など天然素材のものでブラッシングをすることで、長持ちさせられるとのことだ。こうしたメンテナンス方法は、KASHIYAMA公式YouTubeチャンネル上でも紹介している。ツイッター担当者は、「スーツを着る機会が減った昨今だからこそ正しいスーツの着こなし方を広めたい」と意気込んでいる。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
また自宅で保管する際には、静電気を避けてほしいという。ハンガーは、静電気を帯びづらく除湿効果もあるとされる木製のハンガーを使うのがおすすめだそうだ。また着用後は、やはり静電気を帯びづらい豚毛や馬毛など天然素材のものでブラッシングをすることで、長持ちさせられるとのことだ。こうしたメンテナンス方法は、KASHIYAMA公式YouTubeチャンネル上でも紹介している。ツイッター担当者は、「スーツを着る機会が減った昨今だからこそ正しいスーツの着こなし方を広めたい」と意気込んでいる。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
こうしたメンテナンス方法は、KASHIYAMA公式YouTubeチャンネル上でも紹介している。ツイッター担当者は、「スーツを着る機会が減った昨今だからこそ正しいスーツの着こなし方を広めたい」と意気込んでいる。(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)
(J-CASTニュース編集部 瀧川響子)