海自哨戒機から部品紛失 飛行中に落下か 原因は調査中

海上自衛隊は3日、厚木基地(神奈川県大和、綾瀬市)に所属するP1哨戒機の部品1点を紛失したと発表した。飛行中に落下したとみられる。
第4航空群司令部によると、部品は右主翼後縁部のフラップ付近の緩衝材。ゴム製で長さ約40センチ、幅約3センチ、重さ約300グラム。同機は2日午前9時50分、同基地から日本海方面に向けて離陸し、同午後2時55分に同基地に着陸。3日朝の飛行前点検で部品紛失が判明した。
原因は調査中。被害情報はないという。