土石流被害の静岡県に広域緊急援助隊約200人派遣 行方不明者の捜索・救助へ

土石流により大きな被害が出た静岡県に警察庁は、広域緊急援助隊およそ200人を派遣した。
広域緊急援助隊は、警視庁からおよそ140人、新潟県警、三重県警からそれぞれおよそ30人が派遣され、行方不明者の捜索や救助活動にあたる。
また、2021年に発足した警察庁災害対応指揮支援チームも派遣される。