熱海・土石流災害「想定外ではない。起こり得る場所で発生した」専門家が指摘 「前兆現象に頼るのは危険。地質より地形に注目を」

3日、静岡県熱海市の北側に位置する伊豆山地区で大規模な土石流災害が発生。家屋や電柱などを巻き込んだ大量の土砂は約2キロにわたって流れ落ち、その一部は相模湾にまで達した。熱海市危機対策本部によると、被害に遭った家屋は100~300世帯におよび、甚大な被害を受けた熱海市、平塚市には警戒レベル5の避難指示が発令された。現在も懸命の救助作業が続いている。

【映像】「起こるべくして起きた土石流」のナゼ?
静岡大学防災総合センター副センター長の牛山素行教授は、今回の土石流が発生した要因について「何が原因かを明確に言うのは難しい」としながらも「基本的には多くの大量の雨が降ったということ。ただ、雨の激しさも難しく、短時間に激しく降る雨、長時間にわたって降る雨など色々ある。今回の場合は短時間の雨はそんなに降らなかったが、それに対して72時間、48時間など降る雨が多かった。ただ、それにしても、今まで日本で降ったことの無い雨なのか、この地域で何十年も降っていない雨なのかといえばそこまでの量ではない。危険性を判断するのは難しい降り方だった」と今回の土石流の予測が困難だったと指摘する。
熱海は山と海が近く、勾配の急な地形をしているが、そのことについて牛山氏は「土砂災害というのは検討がつかないところで発生するものではなく、基本的に起こり得るところで発生する。この場所も地図などで見ると、明らかに土石流、またはそれと同じような現象を繰り返し、繰り返し発生してこの場所が形成されてきた地形になっている。実際に今回土石流が流れた場所もすべて土砂災害警戒地域で、ハザードマップ上で危険性が示された場所になっている」と述べると「よく想定外という言葉があるが、決して想定外の現象ではない。起こりうることが、起こりうる場所で発生してしまった。ただ、いつ起こる、規模はどれくらいなのかは予測が難しい」と話す。