パパ活女性を殴り55万円奪う 47歳男「悔しかった」

東京・新宿のホテルで、「パパ活」と呼ばれる援助交際を希望する女性の顔を殴り、現金を奪った疑いで47歳の男が逮捕された。
会社員の伊藤裕介容疑者(47)は6月、新宿・歌舞伎町のホテルの部屋で、「2万円返せ」などと言って、女性(27)の顔を数十回殴ったうえ、首にハサミをつきつけ「髪を切るぞ」などと脅し、現金およそ55万円が入ったバッグを奪った疑いが持たれていて、女性は顔を骨折する重傷。
伊藤容疑者と女性は、ツイッター上の「パパ活」の募集で出会ったとみられ、伊藤容疑者は、「この女性に1年前くらいにお金をとられて悔しかった」などと容疑を認めているという。