山口真由氏、都議選に見解「自民党に否」「国民をバカだと思って扱ってきた」

元財務官僚で弁護士の山口真由氏が5日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)に生出演。東京都議選(定数127)で、自民党は第1党を奪還したが、公明党との合計で過半数には届かなかったことに見解を述べた。
山口氏はこの結果に「自民党に否が突きつけられた都議選だったと思います」と感想を明かし、「これを『小池の演出だ』と言う閣僚の意見は、非常に表層的だと思う。そのとらえ方ではダメだよと」と続けた。
そして「深層部分にはフツフツとした自民党に対する怒りがあったんだろうと思う」と分析。「コロナ対策というのは、どの政党がやったって難しかったかもしれませんけど、あまりに国民をバカだと思って扱ってきた」と指摘し、「(米国)NBC放送局のCEOが、オリンピックが始まればみんな全てを忘れて楽しむだろうと言いましたよね。あれほどはっきりとは言わないけど、自民党には同じ様な雰囲気を私たちは感じていて。オリンピックを始まったら全部忘れるんだろう、とにかく開会式までこぎつけたいと。そういうメッセージを出し続けて軽視されてバカだと思われたことに対するフツフツとした怒りがあるというのは真摯(しんし)に受け止めて頂きたい所だと思います」と説明した。