菅原前経産相の公民権停止3年確定=違法寄付、不服申し立てせず

選挙区内の団体や住民に違法に寄付したとして公選法違反(寄付行為の禁止)罪で東京簡裁から略式命令を受けた前自民党衆院議員菅原一秀前経済産業相(59)=東京9区、議員辞職=が、期限までに不服申し立てをせず、罰金40万円、公民権停止3年が確定したことが5日、東京地裁への取材で分かった。
3日付。
菅原氏は3年間、公職への立候補ができない。今秋までに行われる次期衆院選に出馬できないが、その次の選挙には出られる可能性がある。東京地検特捜部が6月8日に略式起訴し、簡裁は16日付で略式命令を出していた。