「このままでは衆院選惨敗」  都議会第一党奪還も自民に危機感

自民党が、東京都議会第一党を奪還したものの、自民・公明両党で、都議会の過半数に届かず、自民党幹部は、「このままでは衆議院選挙は惨敗だ」と危機感をにじませた。
自民党・山口選挙対策本部長「どこが目標に足らなかったかを精査をして、衆院選に臨んでいかなければいけないのではないか」
ある自民党幹部は、都議選の結果について、「厳しい。このままいったら衆議院選挙は惨敗だ。全てを立て直さないといけない」と述べた。
また、自民党の閣僚経験者は、「ワクチンの混乱と菅さんの支持率、そこに小池さんの風が吹いた」と分析した。
公明党・山口代表「(小池都知事が)公務を離れたり復帰されたり、最後は有権者に見える形で都民ファーストの候補を応援した。そういうことが少なからず、(選挙結果に)影響したのではないか」
一方、共産党の志位委員長と立憲民主党の福山幹事長は、「菅政権に対する強い批判の審判が下った」などとして、国政での政権運営が都議選に影響したと強調した。