小池知事、最終日に応援へ…自公としこりか

任期満了に伴う東京都議会議員選挙の投票は、4日午後8時に締め切られました。
都議会第一党をうかがう情勢の自民党幹部は、「パフォーマンス優先ではない、正しい都政を、政府と連携しながら進めていきたい」としながらも、自公で過半数に届かなければ「本当の勝ちではない」と険しい声で話しています。
一方、都民ファーストの会の関係者は、「小池知事の応援で『小池効果』があった。もっと応援に入ってくれれば、流れは変わったかもしれない」と振り返りました。
選挙結果はまだ確定しませんが、小池知事は、安定的な都政運営のため、表向き「是々非々」としながらも、自民・公明党とも協力関係を結ぶとみられます。新型コロナの一日も早い収束や東京オリンピックの開催では、3者の方向性は一致していて、小池知事も、都議選後を見据えて政権批判はなりを潜めていました。
ただ、過労で入院した小池知事が、選挙戦最終日に都民ファーストの応援に入り議席獲得を強く後押ししたことは、「しこり」となりそうです。
都民ファによりますと、小池知事は16選挙区に応援に入りました。このうち4選挙区は、自民と公明党が激戦区と位置づけて特に力を入れていたところでした。自公は共に、水面下で小池知事側に、「都民ファーストだけを応援しないよう」クギを刺していました。そして、小池知事も選挙戦から距離を置く構えでしたが、最終日に一転、応援に現れたため、自公の幹部は、「うちの議員が落選したら協力関係に禍根を残す」「やはり小池知事は信用できない」と憤りを見せています。また、都民ファーストも一定の議席を維持する見通しで、自民と都民ファの関係は、これまでも「水と油」だったため、都議会での混迷も予想されます。一方、小池知事としては、当初、苦戦が予想された都民ファーストが、一定の議席を守り、自公での過半数獲得を阻止したことで、さらに「小池人気」を強く印象付け、都政での主導権と自らの今後の選択肢を維持しました。そこで、注目される小池知事の国政転出ですが、本人に意欲があるのは間違いありませんが、前回衆院選では、「希望の党」をつくって一敗地にまみれたことから、自民党とのパイプを利用しながら、チャンスをうかがうことになりそうです。明確な「ポスト菅」が見当たらない中、小池知事としても、常に「頼みの綱」である二階氏が幹事長としてのぞむ次期衆院選は、1つのチャンスといえますが、自民党内には「小池アレルギー」も根強く、一筋縄ではいかない可能性があります。東京大会が終わって、小池知事がどう動くのか、その動向が注目されます。
自公は共に、水面下で小池知事側に、「都民ファーストだけを応援しないよう」クギを刺していました。そして、小池知事も選挙戦から距離を置く構えでしたが、最終日に一転、応援に現れたため、自公の幹部は、「うちの議員が落選したら協力関係に禍根を残す」「やはり小池知事は信用できない」と憤りを見せています。また、都民ファーストも一定の議席を維持する見通しで、自民と都民ファの関係は、これまでも「水と油」だったため、都議会での混迷も予想されます。一方、小池知事としては、当初、苦戦が予想された都民ファーストが、一定の議席を守り、自公での過半数獲得を阻止したことで、さらに「小池人気」を強く印象付け、都政での主導権と自らの今後の選択肢を維持しました。そこで、注目される小池知事の国政転出ですが、本人に意欲があるのは間違いありませんが、前回衆院選では、「希望の党」をつくって一敗地にまみれたことから、自民党とのパイプを利用しながら、チャンスをうかがうことになりそうです。明確な「ポスト菅」が見当たらない中、小池知事としても、常に「頼みの綱」である二階氏が幹事長としてのぞむ次期衆院選は、1つのチャンスといえますが、自民党内には「小池アレルギー」も根強く、一筋縄ではいかない可能性があります。東京大会が終わって、小池知事がどう動くのか、その動向が注目されます。
また、都民ファーストも一定の議席を維持する見通しで、自民と都民ファの関係は、これまでも「水と油」だったため、都議会での混迷も予想されます。一方、小池知事としては、当初、苦戦が予想された都民ファーストが、一定の議席を守り、自公での過半数獲得を阻止したことで、さらに「小池人気」を強く印象付け、都政での主導権と自らの今後の選択肢を維持しました。そこで、注目される小池知事の国政転出ですが、本人に意欲があるのは間違いありませんが、前回衆院選では、「希望の党」をつくって一敗地にまみれたことから、自民党とのパイプを利用しながら、チャンスをうかがうことになりそうです。明確な「ポスト菅」が見当たらない中、小池知事としても、常に「頼みの綱」である二階氏が幹事長としてのぞむ次期衆院選は、1つのチャンスといえますが、自民党内には「小池アレルギー」も根強く、一筋縄ではいかない可能性があります。東京大会が終わって、小池知事がどう動くのか、その動向が注目されます。
一方、小池知事としては、当初、苦戦が予想された都民ファーストが、一定の議席を守り、自公での過半数獲得を阻止したことで、さらに「小池人気」を強く印象付け、都政での主導権と自らの今後の選択肢を維持しました。そこで、注目される小池知事の国政転出ですが、本人に意欲があるのは間違いありませんが、前回衆院選では、「希望の党」をつくって一敗地にまみれたことから、自民党とのパイプを利用しながら、チャンスをうかがうことになりそうです。明確な「ポスト菅」が見当たらない中、小池知事としても、常に「頼みの綱」である二階氏が幹事長としてのぞむ次期衆院選は、1つのチャンスといえますが、自民党内には「小池アレルギー」も根強く、一筋縄ではいかない可能性があります。東京大会が終わって、小池知事がどう動くのか、その動向が注目されます。
そこで、注目される小池知事の国政転出ですが、本人に意欲があるのは間違いありませんが、前回衆院選では、「希望の党」をつくって一敗地にまみれたことから、自民党とのパイプを利用しながら、チャンスをうかがうことになりそうです。明確な「ポスト菅」が見当たらない中、小池知事としても、常に「頼みの綱」である二階氏が幹事長としてのぞむ次期衆院選は、1つのチャンスといえますが、自民党内には「小池アレルギー」も根強く、一筋縄ではいかない可能性があります。東京大会が終わって、小池知事がどう動くのか、その動向が注目されます。
明確な「ポスト菅」が見当たらない中、小池知事としても、常に「頼みの綱」である二階氏が幹事長としてのぞむ次期衆院選は、1つのチャンスといえますが、自民党内には「小池アレルギー」も根強く、一筋縄ではいかない可能性があります。東京大会が終わって、小池知事がどう動くのか、その動向が注目されます。