小室圭さん、なぜ「NY州で弁護士試験」なのか 不合格なら結婚は絶望的か

秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定者である小室圭さんは、今年5月に米フォーダム大学ロースクールを卒業し、7月末に行われるニューヨーク州の弁護士試験を控える状態だ。試験を前に帰国するのではないかとの情報も浮上したが、コロナ禍の影響もあり実現せず、結婚問題は進展しないままとなっている。
【写真12枚】金髪&ハイビスカスワンピ姿の母・小室佳代さんの姿。他、小室さんと、生前の父親とのツーショット、眞子さまと佳子さまのチェキで自撮りショットなども
「7月の弁護士試験の後に帰国する可能性もあると言われています。そうなると、日本では東京五輪が開催している期間となり、いわば“どさくさ帰国”ともいえる状況。世間からの厳しい視線をかいくぐることになるかもしれませんが、印象はあまり良くない。“国民の納得を得られる形での結婚”からは遠ざかってしまうでしょうね」(結婚問題を取材し続けているジャーナリスト・以下同)
フォーダム大学では好成績を収めており、弁護士試験の合格は濃厚だとされている小室さん。しかし、仮に不合格となろうものなら、結婚への道はさらに遠のきそうだ。
「秋篠宮さまは、眞子さまの結婚について『経済基盤の安定』という条件を提示しています。小室さんは、すでに就職先が決定しているとの情報もありますが、仮に弁護士試験で不合格となれば、多少なりとも就職にも影響するはずで、安定した収入を得るのが難しくなるかもしれません。本当に結婚をしたいのであれば、弁護士試験の合格は必須となるはずです」
小室さんは、フォーダム大学ロースクールで学年1人だけに認められる「マーティン奨学金」を受給しており、年間6万3932ドル(フォーダム大学公式サイトより。約700万円超)の授業料が免除となっている。 その一方で、小室さんは日本で勤めていた法律事務所から留学中の滞在費を提供されていたと報じられている。その金額は約1350万円ほどだと言われている。「法律事務所からの滞在費は貸与という形になっているそうで、この金額を返済しなくてはならない。とはいえ、もしも小室さんが弁護士試験に不合格となれば、法律事務所のサポートを無駄にすることになるわけです。そうなったら、また世間から厳しい目を向けられることになると思います」アメリカ留学は抜け道だったのか 小室さんは、日本の司法試験には合格していない。そもそも、どうしてわざわざアメリカに留学し、ニューヨークの弁護士試験を受けるのだろうか。「日本の司法試験の合格率は20~30%と言われ、ニューヨークの弁護士試験の合格率は70%ほどだと言われています。英語力は必要となりますが、そこさえクリアできればニューヨークのほうが弁護士になりやすいと言えるでしょう。小室さんも、そのあたりを意識していた可能性は高いですね。また、フォーダム大学が返済不要の奨学金を出したのも、小室さんが“眞子さまのフィアンセ”であることが大きな理由になっているとも言われています。つまり、小室さんにとっては、弁護士になりやすい条件がニューヨークに揃っていたということです。 これらの点が、国民に不信感を与えているのも事実でしょう。“日本では無理そうだからニューヨークで弁護士になる”というのもなんだか抜け道を進んでいるようにも見えますからね。また、アメリカに留学するというのも、金銭トラブルなどに関する追及から逃れたいからなのではとの疑念も浮上します」 いわば“裏技”を駆使して、ニューヨークでの弁護士資格を取得しようとしているかのようにも思える小室さん。「そういった状況にも関わらず、仮に弁護士試験に不合格となれば、“いったい何をやっていたんだ”と強く批判されることは間違いない。国民が納得する結婚は絶望的になるでしょう」 いずれにしろ、小室さんが眞子さまと結婚するためには、7月の弁護士試験での合格は最低条件だ。確実にニューヨークでの弁護士資格を取得し、安定した収入が得られる仕事につかなくてはならないのだ。そして、それらの経済的な条件を満たしたうえで、さらに国民の納得をえるには、母・佳代さんの金銭トラブルの解決やそのほかの疑惑への釈明も必要だろう。結婚へ向けて、超えなくてはならないハードルはあまりにも多い。
その一方で、小室さんは日本で勤めていた法律事務所から留学中の滞在費を提供されていたと報じられている。その金額は約1350万円ほどだと言われている。「法律事務所からの滞在費は貸与という形になっているそうで、この金額を返済しなくてはならない。とはいえ、もしも小室さんが弁護士試験に不合格となれば、法律事務所のサポートを無駄にすることになるわけです。そうなったら、また世間から厳しい目を向けられることになると思います」アメリカ留学は抜け道だったのか 小室さんは、日本の司法試験には合格していない。そもそも、どうしてわざわざアメリカに留学し、ニューヨークの弁護士試験を受けるのだろうか。「日本の司法試験の合格率は20~30%と言われ、ニューヨークの弁護士試験の合格率は70%ほどだと言われています。英語力は必要となりますが、そこさえクリアできればニューヨークのほうが弁護士になりやすいと言えるでしょう。小室さんも、そのあたりを意識していた可能性は高いですね。また、フォーダム大学が返済不要の奨学金を出したのも、小室さんが“眞子さまのフィアンセ”であることが大きな理由になっているとも言われています。つまり、小室さんにとっては、弁護士になりやすい条件がニューヨークに揃っていたということです。 これらの点が、国民に不信感を与えているのも事実でしょう。“日本では無理そうだからニューヨークで弁護士になる”というのもなんだか抜け道を進んでいるようにも見えますからね。また、アメリカに留学するというのも、金銭トラブルなどに関する追及から逃れたいからなのではとの疑念も浮上します」 いわば“裏技”を駆使して、ニューヨークでの弁護士資格を取得しようとしているかのようにも思える小室さん。「そういった状況にも関わらず、仮に弁護士試験に不合格となれば、“いったい何をやっていたんだ”と強く批判されることは間違いない。国民が納得する結婚は絶望的になるでしょう」 いずれにしろ、小室さんが眞子さまと結婚するためには、7月の弁護士試験での合格は最低条件だ。確実にニューヨークでの弁護士資格を取得し、安定した収入が得られる仕事につかなくてはならないのだ。そして、それらの経済的な条件を満たしたうえで、さらに国民の納得をえるには、母・佳代さんの金銭トラブルの解決やそのほかの疑惑への釈明も必要だろう。結婚へ向けて、超えなくてはならないハードルはあまりにも多い。
「法律事務所からの滞在費は貸与という形になっているそうで、この金額を返済しなくてはならない。とはいえ、もしも小室さんが弁護士試験に不合格となれば、法律事務所のサポートを無駄にすることになるわけです。そうなったら、また世間から厳しい目を向けられることになると思います」アメリカ留学は抜け道だったのか 小室さんは、日本の司法試験には合格していない。そもそも、どうしてわざわざアメリカに留学し、ニューヨークの弁護士試験を受けるのだろうか。「日本の司法試験の合格率は20~30%と言われ、ニューヨークの弁護士試験の合格率は70%ほどだと言われています。英語力は必要となりますが、そこさえクリアできればニューヨークのほうが弁護士になりやすいと言えるでしょう。小室さんも、そのあたりを意識していた可能性は高いですね。また、フォーダム大学が返済不要の奨学金を出したのも、小室さんが“眞子さまのフィアンセ”であることが大きな理由になっているとも言われています。つまり、小室さんにとっては、弁護士になりやすい条件がニューヨークに揃っていたということです。 これらの点が、国民に不信感を与えているのも事実でしょう。“日本では無理そうだからニューヨークで弁護士になる”というのもなんだか抜け道を進んでいるようにも見えますからね。また、アメリカに留学するというのも、金銭トラブルなどに関する追及から逃れたいからなのではとの疑念も浮上します」 いわば“裏技”を駆使して、ニューヨークでの弁護士資格を取得しようとしているかのようにも思える小室さん。「そういった状況にも関わらず、仮に弁護士試験に不合格となれば、“いったい何をやっていたんだ”と強く批判されることは間違いない。国民が納得する結婚は絶望的になるでしょう」 いずれにしろ、小室さんが眞子さまと結婚するためには、7月の弁護士試験での合格は最低条件だ。確実にニューヨークでの弁護士資格を取得し、安定した収入が得られる仕事につかなくてはならないのだ。そして、それらの経済的な条件を満たしたうえで、さらに国民の納得をえるには、母・佳代さんの金銭トラブルの解決やそのほかの疑惑への釈明も必要だろう。結婚へ向けて、超えなくてはならないハードルはあまりにも多い。
小室さんは、日本の司法試験には合格していない。そもそも、どうしてわざわざアメリカに留学し、ニューヨークの弁護士試験を受けるのだろうか。「日本の司法試験の合格率は20~30%と言われ、ニューヨークの弁護士試験の合格率は70%ほどだと言われています。英語力は必要となりますが、そこさえクリアできればニューヨークのほうが弁護士になりやすいと言えるでしょう。小室さんも、そのあたりを意識していた可能性は高いですね。また、フォーダム大学が返済不要の奨学金を出したのも、小室さんが“眞子さまのフィアンセ”であることが大きな理由になっているとも言われています。つまり、小室さんにとっては、弁護士になりやすい条件がニューヨークに揃っていたということです。 これらの点が、国民に不信感を与えているのも事実でしょう。“日本では無理そうだからニューヨークで弁護士になる”というのもなんだか抜け道を進んでいるようにも見えますからね。また、アメリカに留学するというのも、金銭トラブルなどに関する追及から逃れたいからなのではとの疑念も浮上します」 いわば“裏技”を駆使して、ニューヨークでの弁護士資格を取得しようとしているかのようにも思える小室さん。「そういった状況にも関わらず、仮に弁護士試験に不合格となれば、“いったい何をやっていたんだ”と強く批判されることは間違いない。国民が納得する結婚は絶望的になるでしょう」 いずれにしろ、小室さんが眞子さまと結婚するためには、7月の弁護士試験での合格は最低条件だ。確実にニューヨークでの弁護士資格を取得し、安定した収入が得られる仕事につかなくてはならないのだ。そして、それらの経済的な条件を満たしたうえで、さらに国民の納得をえるには、母・佳代さんの金銭トラブルの解決やそのほかの疑惑への釈明も必要だろう。結婚へ向けて、超えなくてはならないハードルはあまりにも多い。
「日本の司法試験の合格率は20~30%と言われ、ニューヨークの弁護士試験の合格率は70%ほどだと言われています。英語力は必要となりますが、そこさえクリアできればニューヨークのほうが弁護士になりやすいと言えるでしょう。小室さんも、そのあたりを意識していた可能性は高いですね。また、フォーダム大学が返済不要の奨学金を出したのも、小室さんが“眞子さまのフィアンセ”であることが大きな理由になっているとも言われています。つまり、小室さんにとっては、弁護士になりやすい条件がニューヨークに揃っていたということです。 これらの点が、国民に不信感を与えているのも事実でしょう。“日本では無理そうだからニューヨークで弁護士になる”というのもなんだか抜け道を進んでいるようにも見えますからね。また、アメリカに留学するというのも、金銭トラブルなどに関する追及から逃れたいからなのではとの疑念も浮上します」 いわば“裏技”を駆使して、ニューヨークでの弁護士資格を取得しようとしているかのようにも思える小室さん。「そういった状況にも関わらず、仮に弁護士試験に不合格となれば、“いったい何をやっていたんだ”と強く批判されることは間違いない。国民が納得する結婚は絶望的になるでしょう」 いずれにしろ、小室さんが眞子さまと結婚するためには、7月の弁護士試験での合格は最低条件だ。確実にニューヨークでの弁護士資格を取得し、安定した収入が得られる仕事につかなくてはならないのだ。そして、それらの経済的な条件を満たしたうえで、さらに国民の納得をえるには、母・佳代さんの金銭トラブルの解決やそのほかの疑惑への釈明も必要だろう。結婚へ向けて、超えなくてはならないハードルはあまりにも多い。
これらの点が、国民に不信感を与えているのも事実でしょう。“日本では無理そうだからニューヨークで弁護士になる”というのもなんだか抜け道を進んでいるようにも見えますからね。また、アメリカに留学するというのも、金銭トラブルなどに関する追及から逃れたいからなのではとの疑念も浮上します」 いわば“裏技”を駆使して、ニューヨークでの弁護士資格を取得しようとしているかのようにも思える小室さん。「そういった状況にも関わらず、仮に弁護士試験に不合格となれば、“いったい何をやっていたんだ”と強く批判されることは間違いない。国民が納得する結婚は絶望的になるでしょう」 いずれにしろ、小室さんが眞子さまと結婚するためには、7月の弁護士試験での合格は最低条件だ。確実にニューヨークでの弁護士資格を取得し、安定した収入が得られる仕事につかなくてはならないのだ。そして、それらの経済的な条件を満たしたうえで、さらに国民の納得をえるには、母・佳代さんの金銭トラブルの解決やそのほかの疑惑への釈明も必要だろう。結婚へ向けて、超えなくてはならないハードルはあまりにも多い。
いわば“裏技”を駆使して、ニューヨークでの弁護士資格を取得しようとしているかのようにも思える小室さん。「そういった状況にも関わらず、仮に弁護士試験に不合格となれば、“いったい何をやっていたんだ”と強く批判されることは間違いない。国民が納得する結婚は絶望的になるでしょう」 いずれにしろ、小室さんが眞子さまと結婚するためには、7月の弁護士試験での合格は最低条件だ。確実にニューヨークでの弁護士資格を取得し、安定した収入が得られる仕事につかなくてはならないのだ。そして、それらの経済的な条件を満たしたうえで、さらに国民の納得をえるには、母・佳代さんの金銭トラブルの解決やそのほかの疑惑への釈明も必要だろう。結婚へ向けて、超えなくてはならないハードルはあまりにも多い。
「そういった状況にも関わらず、仮に弁護士試験に不合格となれば、“いったい何をやっていたんだ”と強く批判されることは間違いない。国民が納得する結婚は絶望的になるでしょう」 いずれにしろ、小室さんが眞子さまと結婚するためには、7月の弁護士試験での合格は最低条件だ。確実にニューヨークでの弁護士資格を取得し、安定した収入が得られる仕事につかなくてはならないのだ。そして、それらの経済的な条件を満たしたうえで、さらに国民の納得をえるには、母・佳代さんの金銭トラブルの解決やそのほかの疑惑への釈明も必要だろう。結婚へ向けて、超えなくてはならないハードルはあまりにも多い。
いずれにしろ、小室さんが眞子さまと結婚するためには、7月の弁護士試験での合格は最低条件だ。確実にニューヨークでの弁護士資格を取得し、安定した収入が得られる仕事につかなくてはならないのだ。そして、それらの経済的な条件を満たしたうえで、さらに国民の納得をえるには、母・佳代さんの金銭トラブルの解決やそのほかの疑惑への釈明も必要だろう。結婚へ向けて、超えなくてはならないハードルはあまりにも多い。