三輪自転車がセンターライン上を危険走行 撮影者「ちゃんと交通ルール守って」

4日、愛知県・豊橋市内を走行する車のドライブレコーダーが、三輪自転車の危険な走行を捉えていた。

左側の店舗の駐車場から車が出ようとしていたため、撮影者が車を止めると、右側から追い越していった三輪自転車がセンターライン上を走り続ける。
【映像】三輪自転車が危険走行(4:03~)
自転車は車道の左側を通行することが原則。しかし、この自転車は対向車が走ってきてもおかまいなしで、そのまま信号待ちをしている車を追い抜いていった。
危険な走行はこれより前からだった。撮影者の車を追い抜く前、自転車は脇道からブレーキをすることなく飛び出してくるような形で、車道に出てきていた。
自転車に乗っていたのは高齢の男性とみられていて、こうした走行に撮影者は「危ないなって本当に思いました。ちゃんと交通ルールを守って欲しいなって」と訴えた。