「そこにクマがいたことは間違いない」遺体発見の山林で専門家調査 人里に出没相次ぐ北海道

北海道・福島町の山林で2日、ヒグマに襲われたとみられる女性の遺体が見つかりました。
現場には北海道の専門家が調査に入り、状況を確認しました。
稚内市で撮影された映像です。
観光客も訪れるという海岸線をゆうゆうと歩いていたのはクマ。
さらに。
(撮影者)「クマいる、あ、やられてる、人が、あー、人!」
6月には札幌市東区で男女4人がクマに襲われて重軽傷を負うなど、北海道では人里へのクマの出没が相次いでいます。
こうしたなか。
(東海林記者)「遺体が見つかった現場に続く階段の脇には、花が手向けられている」
2日、福島町白符の笹やぶでクマに襲われたとみられる女性の遺体が見つかりました。
警察によりますと、笹やぶ近くの畑にいた小笠原セツさん(77)の行方がわからなくなっていて、遺体は小笠原さんとみられています。
(東海林記者)「専門家が到着しました。これからハンターや警察と一緒に現地に向かいます」
被害をうけ5日、道の専門家がクマの痕跡などの調査に入りました。 フンなどは見つかっているもののクマはまだ見つかっていません。 現場は市街地から3キロほど南に進んだ場所で、すぐそばには国道も通っています。 (近隣住民)「不安です。ゴミも家の中に入れて鍵をかけて」 酪農学園大学の専門家は、畑でクマに襲われるのは珍しいことだといいます。 (酪農学園大学 佐藤喜和教授)「クマにとって大事なエサがあって、それを放棄して逃げることができなかったとか。最初から食べるつもりで襲っているわけじゃない」 北海道によりますと、ことしクマに襲われたのはすでに7人、福島町で見つかった遺体もクマによるものであれば、1964年と並び過去最多の人数となります。 現場の調査を終えた道総研の釣賀研究主幹は、次のように話しました。 (北海道立総合研究機構 釣賀一二三研究主幹)「遺体があった真横に明らかにクマが掘り返したと思われるような穴というか掘り返し痕があった明らかにクマと思われるような体毛が何本が落ちていたということで、そこにクマがいたことは間違いない。穴を掘っていたり草の塊を遺体にかけていたことを考えると、クマが遺体を確保しようとした疑いが非常に強いと思う」7/6(火)「STVニュース」7/6(火)9:32更新この記事を動画で見る
フンなどは見つかっているもののクマはまだ見つかっていません。 現場は市街地から3キロほど南に進んだ場所で、すぐそばには国道も通っています。 (近隣住民)「不安です。ゴミも家の中に入れて鍵をかけて」 酪農学園大学の専門家は、畑でクマに襲われるのは珍しいことだといいます。 (酪農学園大学 佐藤喜和教授)「クマにとって大事なエサがあって、それを放棄して逃げることができなかったとか。最初から食べるつもりで襲っているわけじゃない」 北海道によりますと、ことしクマに襲われたのはすでに7人、福島町で見つかった遺体もクマによるものであれば、1964年と並び過去最多の人数となります。 現場の調査を終えた道総研の釣賀研究主幹は、次のように話しました。 (北海道立総合研究機構 釣賀一二三研究主幹)「遺体があった真横に明らかにクマが掘り返したと思われるような穴というか掘り返し痕があった明らかにクマと思われるような体毛が何本が落ちていたということで、そこにクマがいたことは間違いない。穴を掘っていたり草の塊を遺体にかけていたことを考えると、クマが遺体を確保しようとした疑いが非常に強いと思う」7/6(火)「STVニュース」7/6(火)9:32更新この記事を動画で見る
現場は市街地から3キロほど南に進んだ場所で、すぐそばには国道も通っています。 (近隣住民)「不安です。ゴミも家の中に入れて鍵をかけて」 酪農学園大学の専門家は、畑でクマに襲われるのは珍しいことだといいます。 (酪農学園大学 佐藤喜和教授)「クマにとって大事なエサがあって、それを放棄して逃げることができなかったとか。最初から食べるつもりで襲っているわけじゃない」 北海道によりますと、ことしクマに襲われたのはすでに7人、福島町で見つかった遺体もクマによるものであれば、1964年と並び過去最多の人数となります。 現場の調査を終えた道総研の釣賀研究主幹は、次のように話しました。 (北海道立総合研究機構 釣賀一二三研究主幹)「遺体があった真横に明らかにクマが掘り返したと思われるような穴というか掘り返し痕があった明らかにクマと思われるような体毛が何本が落ちていたということで、そこにクマがいたことは間違いない。穴を掘っていたり草の塊を遺体にかけていたことを考えると、クマが遺体を確保しようとした疑いが非常に強いと思う」7/6(火)「STVニュース」7/6(火)9:32更新この記事を動画で見る
(近隣住民)「不安です。ゴミも家の中に入れて鍵をかけて」 酪農学園大学の専門家は、畑でクマに襲われるのは珍しいことだといいます。 (酪農学園大学 佐藤喜和教授)「クマにとって大事なエサがあって、それを放棄して逃げることができなかったとか。最初から食べるつもりで襲っているわけじゃない」 北海道によりますと、ことしクマに襲われたのはすでに7人、福島町で見つかった遺体もクマによるものであれば、1964年と並び過去最多の人数となります。 現場の調査を終えた道総研の釣賀研究主幹は、次のように話しました。 (北海道立総合研究機構 釣賀一二三研究主幹)「遺体があった真横に明らかにクマが掘り返したと思われるような穴というか掘り返し痕があった明らかにクマと思われるような体毛が何本が落ちていたということで、そこにクマがいたことは間違いない。穴を掘っていたり草の塊を遺体にかけていたことを考えると、クマが遺体を確保しようとした疑いが非常に強いと思う」7/6(火)「STVニュース」7/6(火)9:32更新この記事を動画で見る
酪農学園大学の専門家は、畑でクマに襲われるのは珍しいことだといいます。 (酪農学園大学 佐藤喜和教授)「クマにとって大事なエサがあって、それを放棄して逃げることができなかったとか。最初から食べるつもりで襲っているわけじゃない」 北海道によりますと、ことしクマに襲われたのはすでに7人、福島町で見つかった遺体もクマによるものであれば、1964年と並び過去最多の人数となります。 現場の調査を終えた道総研の釣賀研究主幹は、次のように話しました。 (北海道立総合研究機構 釣賀一二三研究主幹)「遺体があった真横に明らかにクマが掘り返したと思われるような穴というか掘り返し痕があった明らかにクマと思われるような体毛が何本が落ちていたということで、そこにクマがいたことは間違いない。穴を掘っていたり草の塊を遺体にかけていたことを考えると、クマが遺体を確保しようとした疑いが非常に強いと思う」7/6(火)「STVニュース」7/6(火)9:32更新この記事を動画で見る
(酪農学園大学 佐藤喜和教授)「クマにとって大事なエサがあって、それを放棄して逃げることができなかったとか。最初から食べるつもりで襲っているわけじゃない」 北海道によりますと、ことしクマに襲われたのはすでに7人、福島町で見つかった遺体もクマによるものであれば、1964年と並び過去最多の人数となります。 現場の調査を終えた道総研の釣賀研究主幹は、次のように話しました。 (北海道立総合研究機構 釣賀一二三研究主幹)「遺体があった真横に明らかにクマが掘り返したと思われるような穴というか掘り返し痕があった明らかにクマと思われるような体毛が何本が落ちていたということで、そこにクマがいたことは間違いない。穴を掘っていたり草の塊を遺体にかけていたことを考えると、クマが遺体を確保しようとした疑いが非常に強いと思う」7/6(火)「STVニュース」7/6(火)9:32更新この記事を動画で見る
北海道によりますと、ことしクマに襲われたのはすでに7人、福島町で見つかった遺体もクマによるものであれば、1964年と並び過去最多の人数となります。 現場の調査を終えた道総研の釣賀研究主幹は、次のように話しました。 (北海道立総合研究機構 釣賀一二三研究主幹)「遺体があった真横に明らかにクマが掘り返したと思われるような穴というか掘り返し痕があった明らかにクマと思われるような体毛が何本が落ちていたということで、そこにクマがいたことは間違いない。穴を掘っていたり草の塊を遺体にかけていたことを考えると、クマが遺体を確保しようとした疑いが非常に強いと思う」7/6(火)「STVニュース」7/6(火)9:32更新この記事を動画で見る
現場の調査を終えた道総研の釣賀研究主幹は、次のように話しました。 (北海道立総合研究機構 釣賀一二三研究主幹)「遺体があった真横に明らかにクマが掘り返したと思われるような穴というか掘り返し痕があった明らかにクマと思われるような体毛が何本が落ちていたということで、そこにクマがいたことは間違いない。穴を掘っていたり草の塊を遺体にかけていたことを考えると、クマが遺体を確保しようとした疑いが非常に強いと思う」7/6(火)「STVニュース」7/6(火)9:32更新この記事を動画で見る
(北海道立総合研究機構 釣賀一二三研究主幹)「遺体があった真横に明らかにクマが掘り返したと思われるような穴というか掘り返し痕があった明らかにクマと思われるような体毛が何本が落ちていたということで、そこにクマがいたことは間違いない。穴を掘っていたり草の塊を遺体にかけていたことを考えると、クマが遺体を確保しようとした疑いが非常に強いと思う」7/6(火)「STVニュース」7/6(火)9:32更新この記事を動画で見る