【独自】常習的に飲酒運転か、仕事中にコンビニなどで酒購入…児童5人死傷

千葉県 八街 ( やちまた )市で下校中の児童5人がトラックにはねられ死傷した事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)容疑で送検された運転手梅沢 洋 ( ひろし )容疑者(60)が事故当日、コンビニ店で焼酎を購入していたことが捜査関係者への取材でわかった。
梅沢容疑者は当日以外にも、過去に複数回、仕事中にコンビニ店などで酒を購入しており、県警は常習的な飲酒運転の可能性もあるとみて調べている。
捜査関係者によると、梅沢容疑者は6月28日午後、東京都内の建設現場に資材を搬入後、八街市の勤務先へ戻る途中、同県内のコンビニ店で焼酎を購入していた。店の防犯カメラや販売記録で確認され、車内から空になった焼酎の容器も見つかった。梅沢容疑者は調べに対し「コンビニで酒を買い、車内で飲んだ」と供述している。
梅沢容疑者は都内から戻る際、千葉市内の高速道路パーキングエリアに立ち寄っており、県警は駐車場に止めた車内などで飲酒したとみている。
事故は28日午後3時25分頃、八街市の市道で発生。市立 朝陽 ( ちょうよう )小1~3年の児童5人がはねられ、男児2人が死亡、女児1人が意識不明の重体、男児2人が重傷を負った。梅沢容疑者の呼気からは、基準値を超えるアルコールが検出された。