無免許事故隠蔽の都民ファ木下ふみこ氏に有権者が怒り「当然、当選返上するんでしょ」

4日投開票の東京都議選・板橋区選挙区で2回目の当選を果たした都民ファーストの会の木下ふみこ氏(54)が選挙中の今月2日、免許停止中にもかかわらず、車を運転し、事故を起こしていたことが5日判明。開き直りともとれる言動に批判の声が上がっている。
木下氏は2日午前7時30分ごろ、板橋区高島平3丁目付近の交差点で、車をバックさせた際、停車していた車にぶつかった。ぶつけられた車には、男性と妻が乗っており、ケガを負ったという。木下氏は複数のメディアの取材に「免停期間が終了していると勘違いした」旨の釈明をしている。
免停中に車を運転しているだけでも言語道断だが、人身事故を起こして、隠していたことにもなる。板橋区民は「当然、当選は返上するんでしょうね。選挙中にそんなことが分かっていたら投票していたかどうかわからないでしょ」と怒り心頭。ネット上でも議員辞職を求める声が強まっている。