鳥取・島根で崖崩れや浸水相次ぐ 激しい雨、48万人に避難指示

梅雨前線の影響で鳥取、島根両県では線状降水帯による非常に激しい雨が降り続き、気象庁は7日午前に「顕著な大雨に関する情報」を出した。両県では河川の氾濫が起き、松江市、鳥取市はそれぞれ市内の一部に警戒レベルが最高の「5」に当たる「緊急安全確保」を発令し、命を守る行動を求めた。両県内では崖崩れや家屋への浸水も相次ぎ、両県で計約48万人に避難指示が出された。8日以降も前線は西日本に停滞する予報で、気象庁や自治体は警戒を呼び掛けている。
【鳥取・島根での大雨被害の様子】
島根県出雲市では7日早朝、観測史上最大の1時間75ミリの非常に激しい雨を観測。鳥取市でも同52ミリを記録した。鳥取県倉吉市では午後4時過ぎまでの12時間に、7月の平年1カ月分(191・5ミリ)を大幅に上回る312ミリの雨が降った。
松江市は7日午前7時前、市内の意宇(いう)川が氾濫するおそれがあるとして同市八雲町日吉の757世帯1824人に緊急安全確保を発令。さらに鳥取市では千代川の支流、清水川の水があふれ、同午後1時半に同市吉成南町の697世帯、1529人に緊急安全確保を出した。
島根県出雲市で約40棟が床上・床下浸水。同市や松江市で住宅の裏山が崩れたり、道路が冠水したりした。鳥取県では湯梨浜町など7棟で床下浸水の被害があった。両県とも同日夕までに人的被害は確認されていない。 同日夕の段階で島根県で松江、出雲両市など約36万人、鳥取県で鳥取、倉吉両市など約12万人に避難指示が出されている。島根県では避難所に最大計729人(自主避難含む)が避難。鳥取でも700人以上が避難した。 緊急安全確保が発令された鳥取市吉成南町では、道路や駐車場が相次いで冠水。自宅アパートから急いで家財道具を自家用車に運び込んでいた20代女性は「午前中はまだ水位に余裕があったが昼にかけて急に増水して驚いた。貴重品は持ち出して近くの避難所かホテルに行く」と話した。避難所が開設された市立美保南小学校の体育館には親子連れや高齢者ら約100人が集まった。子供と一緒に避難した秋山可奈子さん(38)は「川が近いので早めに避難した。雨が落ち着くまではここで様子を見たい」と不安そうだった。 松江市八雲町の八雲公民館には約100人が身を寄せた。大学生の息子と避難した神庭麻起子さん(49)は「水路が氾濫し、田んぼが水浸しになっていた。川の下流に家があり、逃げられなくなってからでは遅いと思ってすぐに避難した」と話した。水路に乗用車の車輪がはまり動けなくなったという飲食店経営の40代男性は「無意味に動き回るべきじゃなかった」と疲れた様子だった。【松原隼斗、小坂春乃、野原寛史、古川幸奈】梅雨前線、10日ごろまで西日本に停滞 梅雨前線は8日にかけて近畿地方に南下し、10日ごろまで西日本に停滞、各地に大雨を降らせる恐れがある。 大阪管区気象台によると、島根・鳥取では停滞した梅雨前線の影響で7日明け方から大雨となった。降り始めから同日午後4時までの降水量は▽島根県出雲空港231・5ミリ▽松江市西津田229ミリ▽鳥取県倉吉市大塚331・5ミリ▽大山町塩津で315ミリ。鳥取の2地点で7月の月総降水量(平年値)を上回る記録的大雨となった。8日以降も前線の活動が活発な状態が続く見通しで、同気象台は土砂災害や河川の氾濫に対する警戒を呼び掛けている。 気象庁の7日午後5時までの発表によると、8日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、中国200ミリ▽近畿150ミリ▽北陸、東海100ミリ。
同日夕の段階で島根県で松江、出雲両市など約36万人、鳥取県で鳥取、倉吉両市など約12万人に避難指示が出されている。島根県では避難所に最大計729人(自主避難含む)が避難。鳥取でも700人以上が避難した。 緊急安全確保が発令された鳥取市吉成南町では、道路や駐車場が相次いで冠水。自宅アパートから急いで家財道具を自家用車に運び込んでいた20代女性は「午前中はまだ水位に余裕があったが昼にかけて急に増水して驚いた。貴重品は持ち出して近くの避難所かホテルに行く」と話した。避難所が開設された市立美保南小学校の体育館には親子連れや高齢者ら約100人が集まった。子供と一緒に避難した秋山可奈子さん(38)は「川が近いので早めに避難した。雨が落ち着くまではここで様子を見たい」と不安そうだった。 松江市八雲町の八雲公民館には約100人が身を寄せた。大学生の息子と避難した神庭麻起子さん(49)は「水路が氾濫し、田んぼが水浸しになっていた。川の下流に家があり、逃げられなくなってからでは遅いと思ってすぐに避難した」と話した。水路に乗用車の車輪がはまり動けなくなったという飲食店経営の40代男性は「無意味に動き回るべきじゃなかった」と疲れた様子だった。【松原隼斗、小坂春乃、野原寛史、古川幸奈】梅雨前線、10日ごろまで西日本に停滞 梅雨前線は8日にかけて近畿地方に南下し、10日ごろまで西日本に停滞、各地に大雨を降らせる恐れがある。 大阪管区気象台によると、島根・鳥取では停滞した梅雨前線の影響で7日明け方から大雨となった。降り始めから同日午後4時までの降水量は▽島根県出雲空港231・5ミリ▽松江市西津田229ミリ▽鳥取県倉吉市大塚331・5ミリ▽大山町塩津で315ミリ。鳥取の2地点で7月の月総降水量(平年値)を上回る記録的大雨となった。8日以降も前線の活動が活発な状態が続く見通しで、同気象台は土砂災害や河川の氾濫に対する警戒を呼び掛けている。 気象庁の7日午後5時までの発表によると、8日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、中国200ミリ▽近畿150ミリ▽北陸、東海100ミリ。
緊急安全確保が発令された鳥取市吉成南町では、道路や駐車場が相次いで冠水。自宅アパートから急いで家財道具を自家用車に運び込んでいた20代女性は「午前中はまだ水位に余裕があったが昼にかけて急に増水して驚いた。貴重品は持ち出して近くの避難所かホテルに行く」と話した。避難所が開設された市立美保南小学校の体育館には親子連れや高齢者ら約100人が集まった。子供と一緒に避難した秋山可奈子さん(38)は「川が近いので早めに避難した。雨が落ち着くまではここで様子を見たい」と不安そうだった。 松江市八雲町の八雲公民館には約100人が身を寄せた。大学生の息子と避難した神庭麻起子さん(49)は「水路が氾濫し、田んぼが水浸しになっていた。川の下流に家があり、逃げられなくなってからでは遅いと思ってすぐに避難した」と話した。水路に乗用車の車輪がはまり動けなくなったという飲食店経営の40代男性は「無意味に動き回るべきじゃなかった」と疲れた様子だった。【松原隼斗、小坂春乃、野原寛史、古川幸奈】梅雨前線、10日ごろまで西日本に停滞 梅雨前線は8日にかけて近畿地方に南下し、10日ごろまで西日本に停滞、各地に大雨を降らせる恐れがある。 大阪管区気象台によると、島根・鳥取では停滞した梅雨前線の影響で7日明け方から大雨となった。降り始めから同日午後4時までの降水量は▽島根県出雲空港231・5ミリ▽松江市西津田229ミリ▽鳥取県倉吉市大塚331・5ミリ▽大山町塩津で315ミリ。鳥取の2地点で7月の月総降水量(平年値)を上回る記録的大雨となった。8日以降も前線の活動が活発な状態が続く見通しで、同気象台は土砂災害や河川の氾濫に対する警戒を呼び掛けている。 気象庁の7日午後5時までの発表によると、8日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、中国200ミリ▽近畿150ミリ▽北陸、東海100ミリ。
松江市八雲町の八雲公民館には約100人が身を寄せた。大学生の息子と避難した神庭麻起子さん(49)は「水路が氾濫し、田んぼが水浸しになっていた。川の下流に家があり、逃げられなくなってからでは遅いと思ってすぐに避難した」と話した。水路に乗用車の車輪がはまり動けなくなったという飲食店経営の40代男性は「無意味に動き回るべきじゃなかった」と疲れた様子だった。【松原隼斗、小坂春乃、野原寛史、古川幸奈】梅雨前線、10日ごろまで西日本に停滞 梅雨前線は8日にかけて近畿地方に南下し、10日ごろまで西日本に停滞、各地に大雨を降らせる恐れがある。 大阪管区気象台によると、島根・鳥取では停滞した梅雨前線の影響で7日明け方から大雨となった。降り始めから同日午後4時までの降水量は▽島根県出雲空港231・5ミリ▽松江市西津田229ミリ▽鳥取県倉吉市大塚331・5ミリ▽大山町塩津で315ミリ。鳥取の2地点で7月の月総降水量(平年値)を上回る記録的大雨となった。8日以降も前線の活動が活発な状態が続く見通しで、同気象台は土砂災害や河川の氾濫に対する警戒を呼び掛けている。 気象庁の7日午後5時までの発表によると、8日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、中国200ミリ▽近畿150ミリ▽北陸、東海100ミリ。
梅雨前線、10日ごろまで西日本に停滞 梅雨前線は8日にかけて近畿地方に南下し、10日ごろまで西日本に停滞、各地に大雨を降らせる恐れがある。 大阪管区気象台によると、島根・鳥取では停滞した梅雨前線の影響で7日明け方から大雨となった。降り始めから同日午後4時までの降水量は▽島根県出雲空港231・5ミリ▽松江市西津田229ミリ▽鳥取県倉吉市大塚331・5ミリ▽大山町塩津で315ミリ。鳥取の2地点で7月の月総降水量(平年値)を上回る記録的大雨となった。8日以降も前線の活動が活発な状態が続く見通しで、同気象台は土砂災害や河川の氾濫に対する警戒を呼び掛けている。 気象庁の7日午後5時までの発表によると、8日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、中国200ミリ▽近畿150ミリ▽北陸、東海100ミリ。
梅雨前線は8日にかけて近畿地方に南下し、10日ごろまで西日本に停滞、各地に大雨を降らせる恐れがある。 大阪管区気象台によると、島根・鳥取では停滞した梅雨前線の影響で7日明け方から大雨となった。降り始めから同日午後4時までの降水量は▽島根県出雲空港231・5ミリ▽松江市西津田229ミリ▽鳥取県倉吉市大塚331・5ミリ▽大山町塩津で315ミリ。鳥取の2地点で7月の月総降水量(平年値)を上回る記録的大雨となった。8日以降も前線の活動が活発な状態が続く見通しで、同気象台は土砂災害や河川の氾濫に対する警戒を呼び掛けている。 気象庁の7日午後5時までの発表によると、8日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、中国200ミリ▽近畿150ミリ▽北陸、東海100ミリ。
大阪管区気象台によると、島根・鳥取では停滞した梅雨前線の影響で7日明け方から大雨となった。降り始めから同日午後4時までの降水量は▽島根県出雲空港231・5ミリ▽松江市西津田229ミリ▽鳥取県倉吉市大塚331・5ミリ▽大山町塩津で315ミリ。鳥取の2地点で7月の月総降水量(平年値)を上回る記録的大雨となった。8日以降も前線の活動が活発な状態が続く見通しで、同気象台は土砂災害や河川の氾濫に対する警戒を呼び掛けている。 気象庁の7日午後5時までの発表によると、8日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、中国200ミリ▽近畿150ミリ▽北陸、東海100ミリ。
気象庁の7日午後5時までの発表によると、8日午後6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、中国200ミリ▽近畿150ミリ▽北陸、東海100ミリ。