パチンコで勝てるようになってわかった「ギャンブルで”必敗”する人」に共通する3つのパターン

ギャンブルをやるうえで、必勝方法はありませんが必敗方法ならあります。昨年、私はパチンコで3桁万円を超えるプラス収支を記録しました。学生だった10年前は、バイト代をほとんどパチンコで使ってしまうこともありましたが、今は負けたとしてもカネを”使う”という感覚ではなく、”いつかは返ってくる”という感覚で打っています。
そこで今回は、勝てるようになったからこそ気付いた「ギャンブルで負けている人の特徴」を3つ紹介します。
◆そもそも機械の仕組みを知らない
負けていた時代は、「この機種はどういったスペックなのか」をザックリとしか把握していませんでした。そして打っているときに「今どういう状況なのか」というのも100%理解していなかったと思います。
初歩的な例として、保留が4つまでしか貯まらない機種の場合、保留が4つ貯まっている状態で玉がヘソに入ったらどうなるのか……など。もちろん正解は「無抽選だからその分は無駄」となるんですが、最初の頃はそれすらわかりませんでした。
これはイロハのイ”ですが、このような「知らないことをどこまで潰せるか」が、勝てるようになるための基本です。ただ、その先に進むには“ロ”や“ハ”を教えてくれる人に出会えるか、そして聞いた話を素直に飲み込んで実践できるか、ということが大切になります。 とにかく無知だと負けてしまいます。ほかのギャンブルも同様に、最低でも客への還元率は把握しなければなりません。敵を知ることは勝つために1番重要なことです。◆収支を把握していない 今はパチンコ収支アプリを当たり前のように使用していますが、負けていたときは収支を把握していませんでした。つまり「お金の出入りを把握していない人は負ける確率が高い」ということです。 これは実生活でも同じことが言えますよね。月にどのくらい収入があるのかは把握しているのに、月にどのくらい支出しているのか把握していない人は、お金の管理が下手だと言われてしまいます。ギャンブルにおいても、負けたことは忘れることにして、勝ったときは贅沢する人もいるのではないでしょうか。 その状態で続けていたら、立派なギャンブル依存症です。収支をつけずにギャンブルをしている人は、今すぐに収支アプリをダウンロードして、明日から必ずつけ始めましょう。◆勝ったときに「なぜ勝ったのか」がわからない 勝ったときに、運以外で勝った理由がわからない人も、負ける人の特徴です。「いや、当たったからだよ」とか思った人もいるでしょうけど、そういう話ではなくて。これは年間収支で考えた方がわかりやすいですね。昨年なぜ負けたのか、一昨年なぜ負けたのか、というのを説明できない人は今年も必ず負けます。 パチンコでいうと勝ったときの理由としてあげられるのは、いわゆる正攻法であるボーダー理論通りに打っているか、確変中に無駄玉を出さない打ち方をしているか、などなど。 逆に年間で負けた理由を具体的に答えられる人はいませんよね。つまり、負けている人は勝ったときも負けたときも具体的な理由が答えられないということ。ここで言いたいのは技術的な話ではなくて、ギャンブルすべてにおいて、勝ったときの理由が答えられない人は100%負けるということです。 この話を深堀りすると、税金とか保険とかも同じことが言えます。理解せずになんとなくやっていたら、理解している人よりも多くのお金を払ってしまうことになるのです。。ギャンブルに負けている人は「何においても知識がない人が多くお金を払う世の中だ」ということを、ギャンブルにも当てはめて考えてみるとよいでしょう。◆楽しくパチンコを打ち続けるなら…… 以上がギャンブルで必敗する人に共通する3つのパターンです。要するに、ギャンブルの仕組み・自身の収支・そして勝ち負けの理由、の3つが理解できていれば、負ける確率はグンと下がります。個人的にパチンコは「演出が面白い!」から入っているので、負けていることが悪とは全く思っていません。自分の使えるお金の範囲内で楽しめれば趣味としてパチンコ打つのはいいと思います。 しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
とにかく無知だと負けてしまいます。ほかのギャンブルも同様に、最低でも客への還元率は把握しなければなりません。敵を知ることは勝つために1番重要なことです。◆収支を把握していない 今はパチンコ収支アプリを当たり前のように使用していますが、負けていたときは収支を把握していませんでした。つまり「お金の出入りを把握していない人は負ける確率が高い」ということです。 これは実生活でも同じことが言えますよね。月にどのくらい収入があるのかは把握しているのに、月にどのくらい支出しているのか把握していない人は、お金の管理が下手だと言われてしまいます。ギャンブルにおいても、負けたことは忘れることにして、勝ったときは贅沢する人もいるのではないでしょうか。 その状態で続けていたら、立派なギャンブル依存症です。収支をつけずにギャンブルをしている人は、今すぐに収支アプリをダウンロードして、明日から必ずつけ始めましょう。◆勝ったときに「なぜ勝ったのか」がわからない 勝ったときに、運以外で勝った理由がわからない人も、負ける人の特徴です。「いや、当たったからだよ」とか思った人もいるでしょうけど、そういう話ではなくて。これは年間収支で考えた方がわかりやすいですね。昨年なぜ負けたのか、一昨年なぜ負けたのか、というのを説明できない人は今年も必ず負けます。 パチンコでいうと勝ったときの理由としてあげられるのは、いわゆる正攻法であるボーダー理論通りに打っているか、確変中に無駄玉を出さない打ち方をしているか、などなど。 逆に年間で負けた理由を具体的に答えられる人はいませんよね。つまり、負けている人は勝ったときも負けたときも具体的な理由が答えられないということ。ここで言いたいのは技術的な話ではなくて、ギャンブルすべてにおいて、勝ったときの理由が答えられない人は100%負けるということです。 この話を深堀りすると、税金とか保険とかも同じことが言えます。理解せずになんとなくやっていたら、理解している人よりも多くのお金を払ってしまうことになるのです。。ギャンブルに負けている人は「何においても知識がない人が多くお金を払う世の中だ」ということを、ギャンブルにも当てはめて考えてみるとよいでしょう。◆楽しくパチンコを打ち続けるなら…… 以上がギャンブルで必敗する人に共通する3つのパターンです。要するに、ギャンブルの仕組み・自身の収支・そして勝ち負けの理由、の3つが理解できていれば、負ける確率はグンと下がります。個人的にパチンコは「演出が面白い!」から入っているので、負けていることが悪とは全く思っていません。自分の使えるお金の範囲内で楽しめれば趣味としてパチンコ打つのはいいと思います。 しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
◆収支を把握していない 今はパチンコ収支アプリを当たり前のように使用していますが、負けていたときは収支を把握していませんでした。つまり「お金の出入りを把握していない人は負ける確率が高い」ということです。 これは実生活でも同じことが言えますよね。月にどのくらい収入があるのかは把握しているのに、月にどのくらい支出しているのか把握していない人は、お金の管理が下手だと言われてしまいます。ギャンブルにおいても、負けたことは忘れることにして、勝ったときは贅沢する人もいるのではないでしょうか。 その状態で続けていたら、立派なギャンブル依存症です。収支をつけずにギャンブルをしている人は、今すぐに収支アプリをダウンロードして、明日から必ずつけ始めましょう。◆勝ったときに「なぜ勝ったのか」がわからない 勝ったときに、運以外で勝った理由がわからない人も、負ける人の特徴です。「いや、当たったからだよ」とか思った人もいるでしょうけど、そういう話ではなくて。これは年間収支で考えた方がわかりやすいですね。昨年なぜ負けたのか、一昨年なぜ負けたのか、というのを説明できない人は今年も必ず負けます。 パチンコでいうと勝ったときの理由としてあげられるのは、いわゆる正攻法であるボーダー理論通りに打っているか、確変中に無駄玉を出さない打ち方をしているか、などなど。 逆に年間で負けた理由を具体的に答えられる人はいませんよね。つまり、負けている人は勝ったときも負けたときも具体的な理由が答えられないということ。ここで言いたいのは技術的な話ではなくて、ギャンブルすべてにおいて、勝ったときの理由が答えられない人は100%負けるということです。 この話を深堀りすると、税金とか保険とかも同じことが言えます。理解せずになんとなくやっていたら、理解している人よりも多くのお金を払ってしまうことになるのです。。ギャンブルに負けている人は「何においても知識がない人が多くお金を払う世の中だ」ということを、ギャンブルにも当てはめて考えてみるとよいでしょう。◆楽しくパチンコを打ち続けるなら…… 以上がギャンブルで必敗する人に共通する3つのパターンです。要するに、ギャンブルの仕組み・自身の収支・そして勝ち負けの理由、の3つが理解できていれば、負ける確率はグンと下がります。個人的にパチンコは「演出が面白い!」から入っているので、負けていることが悪とは全く思っていません。自分の使えるお金の範囲内で楽しめれば趣味としてパチンコ打つのはいいと思います。 しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
今はパチンコ収支アプリを当たり前のように使用していますが、負けていたときは収支を把握していませんでした。つまり「お金の出入りを把握していない人は負ける確率が高い」ということです。 これは実生活でも同じことが言えますよね。月にどのくらい収入があるのかは把握しているのに、月にどのくらい支出しているのか把握していない人は、お金の管理が下手だと言われてしまいます。ギャンブルにおいても、負けたことは忘れることにして、勝ったときは贅沢する人もいるのではないでしょうか。 その状態で続けていたら、立派なギャンブル依存症です。収支をつけずにギャンブルをしている人は、今すぐに収支アプリをダウンロードして、明日から必ずつけ始めましょう。◆勝ったときに「なぜ勝ったのか」がわからない 勝ったときに、運以外で勝った理由がわからない人も、負ける人の特徴です。「いや、当たったからだよ」とか思った人もいるでしょうけど、そういう話ではなくて。これは年間収支で考えた方がわかりやすいですね。昨年なぜ負けたのか、一昨年なぜ負けたのか、というのを説明できない人は今年も必ず負けます。 パチンコでいうと勝ったときの理由としてあげられるのは、いわゆる正攻法であるボーダー理論通りに打っているか、確変中に無駄玉を出さない打ち方をしているか、などなど。 逆に年間で負けた理由を具体的に答えられる人はいませんよね。つまり、負けている人は勝ったときも負けたときも具体的な理由が答えられないということ。ここで言いたいのは技術的な話ではなくて、ギャンブルすべてにおいて、勝ったときの理由が答えられない人は100%負けるということです。 この話を深堀りすると、税金とか保険とかも同じことが言えます。理解せずになんとなくやっていたら、理解している人よりも多くのお金を払ってしまうことになるのです。。ギャンブルに負けている人は「何においても知識がない人が多くお金を払う世の中だ」ということを、ギャンブルにも当てはめて考えてみるとよいでしょう。◆楽しくパチンコを打ち続けるなら…… 以上がギャンブルで必敗する人に共通する3つのパターンです。要するに、ギャンブルの仕組み・自身の収支・そして勝ち負けの理由、の3つが理解できていれば、負ける確率はグンと下がります。個人的にパチンコは「演出が面白い!」から入っているので、負けていることが悪とは全く思っていません。自分の使えるお金の範囲内で楽しめれば趣味としてパチンコ打つのはいいと思います。 しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
これは実生活でも同じことが言えますよね。月にどのくらい収入があるのかは把握しているのに、月にどのくらい支出しているのか把握していない人は、お金の管理が下手だと言われてしまいます。ギャンブルにおいても、負けたことは忘れることにして、勝ったときは贅沢する人もいるのではないでしょうか。 その状態で続けていたら、立派なギャンブル依存症です。収支をつけずにギャンブルをしている人は、今すぐに収支アプリをダウンロードして、明日から必ずつけ始めましょう。◆勝ったときに「なぜ勝ったのか」がわからない 勝ったときに、運以外で勝った理由がわからない人も、負ける人の特徴です。「いや、当たったからだよ」とか思った人もいるでしょうけど、そういう話ではなくて。これは年間収支で考えた方がわかりやすいですね。昨年なぜ負けたのか、一昨年なぜ負けたのか、というのを説明できない人は今年も必ず負けます。 パチンコでいうと勝ったときの理由としてあげられるのは、いわゆる正攻法であるボーダー理論通りに打っているか、確変中に無駄玉を出さない打ち方をしているか、などなど。 逆に年間で負けた理由を具体的に答えられる人はいませんよね。つまり、負けている人は勝ったときも負けたときも具体的な理由が答えられないということ。ここで言いたいのは技術的な話ではなくて、ギャンブルすべてにおいて、勝ったときの理由が答えられない人は100%負けるということです。 この話を深堀りすると、税金とか保険とかも同じことが言えます。理解せずになんとなくやっていたら、理解している人よりも多くのお金を払ってしまうことになるのです。。ギャンブルに負けている人は「何においても知識がない人が多くお金を払う世の中だ」ということを、ギャンブルにも当てはめて考えてみるとよいでしょう。◆楽しくパチンコを打ち続けるなら…… 以上がギャンブルで必敗する人に共通する3つのパターンです。要するに、ギャンブルの仕組み・自身の収支・そして勝ち負けの理由、の3つが理解できていれば、負ける確率はグンと下がります。個人的にパチンコは「演出が面白い!」から入っているので、負けていることが悪とは全く思っていません。自分の使えるお金の範囲内で楽しめれば趣味としてパチンコ打つのはいいと思います。 しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
その状態で続けていたら、立派なギャンブル依存症です。収支をつけずにギャンブルをしている人は、今すぐに収支アプリをダウンロードして、明日から必ずつけ始めましょう。◆勝ったときに「なぜ勝ったのか」がわからない 勝ったときに、運以外で勝った理由がわからない人も、負ける人の特徴です。「いや、当たったからだよ」とか思った人もいるでしょうけど、そういう話ではなくて。これは年間収支で考えた方がわかりやすいですね。昨年なぜ負けたのか、一昨年なぜ負けたのか、というのを説明できない人は今年も必ず負けます。 パチンコでいうと勝ったときの理由としてあげられるのは、いわゆる正攻法であるボーダー理論通りに打っているか、確変中に無駄玉を出さない打ち方をしているか、などなど。 逆に年間で負けた理由を具体的に答えられる人はいませんよね。つまり、負けている人は勝ったときも負けたときも具体的な理由が答えられないということ。ここで言いたいのは技術的な話ではなくて、ギャンブルすべてにおいて、勝ったときの理由が答えられない人は100%負けるということです。 この話を深堀りすると、税金とか保険とかも同じことが言えます。理解せずになんとなくやっていたら、理解している人よりも多くのお金を払ってしまうことになるのです。。ギャンブルに負けている人は「何においても知識がない人が多くお金を払う世の中だ」ということを、ギャンブルにも当てはめて考えてみるとよいでしょう。◆楽しくパチンコを打ち続けるなら…… 以上がギャンブルで必敗する人に共通する3つのパターンです。要するに、ギャンブルの仕組み・自身の収支・そして勝ち負けの理由、の3つが理解できていれば、負ける確率はグンと下がります。個人的にパチンコは「演出が面白い!」から入っているので、負けていることが悪とは全く思っていません。自分の使えるお金の範囲内で楽しめれば趣味としてパチンコ打つのはいいと思います。 しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
◆勝ったときに「なぜ勝ったのか」がわからない 勝ったときに、運以外で勝った理由がわからない人も、負ける人の特徴です。「いや、当たったからだよ」とか思った人もいるでしょうけど、そういう話ではなくて。これは年間収支で考えた方がわかりやすいですね。昨年なぜ負けたのか、一昨年なぜ負けたのか、というのを説明できない人は今年も必ず負けます。 パチンコでいうと勝ったときの理由としてあげられるのは、いわゆる正攻法であるボーダー理論通りに打っているか、確変中に無駄玉を出さない打ち方をしているか、などなど。 逆に年間で負けた理由を具体的に答えられる人はいませんよね。つまり、負けている人は勝ったときも負けたときも具体的な理由が答えられないということ。ここで言いたいのは技術的な話ではなくて、ギャンブルすべてにおいて、勝ったときの理由が答えられない人は100%負けるということです。 この話を深堀りすると、税金とか保険とかも同じことが言えます。理解せずになんとなくやっていたら、理解している人よりも多くのお金を払ってしまうことになるのです。。ギャンブルに負けている人は「何においても知識がない人が多くお金を払う世の中だ」ということを、ギャンブルにも当てはめて考えてみるとよいでしょう。◆楽しくパチンコを打ち続けるなら…… 以上がギャンブルで必敗する人に共通する3つのパターンです。要するに、ギャンブルの仕組み・自身の収支・そして勝ち負けの理由、の3つが理解できていれば、負ける確率はグンと下がります。個人的にパチンコは「演出が面白い!」から入っているので、負けていることが悪とは全く思っていません。自分の使えるお金の範囲内で楽しめれば趣味としてパチンコ打つのはいいと思います。 しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
勝ったときに、運以外で勝った理由がわからない人も、負ける人の特徴です。「いや、当たったからだよ」とか思った人もいるでしょうけど、そういう話ではなくて。これは年間収支で考えた方がわかりやすいですね。昨年なぜ負けたのか、一昨年なぜ負けたのか、というのを説明できない人は今年も必ず負けます。 パチンコでいうと勝ったときの理由としてあげられるのは、いわゆる正攻法であるボーダー理論通りに打っているか、確変中に無駄玉を出さない打ち方をしているか、などなど。 逆に年間で負けた理由を具体的に答えられる人はいませんよね。つまり、負けている人は勝ったときも負けたときも具体的な理由が答えられないということ。ここで言いたいのは技術的な話ではなくて、ギャンブルすべてにおいて、勝ったときの理由が答えられない人は100%負けるということです。 この話を深堀りすると、税金とか保険とかも同じことが言えます。理解せずになんとなくやっていたら、理解している人よりも多くのお金を払ってしまうことになるのです。。ギャンブルに負けている人は「何においても知識がない人が多くお金を払う世の中だ」ということを、ギャンブルにも当てはめて考えてみるとよいでしょう。◆楽しくパチンコを打ち続けるなら…… 以上がギャンブルで必敗する人に共通する3つのパターンです。要するに、ギャンブルの仕組み・自身の収支・そして勝ち負けの理由、の3つが理解できていれば、負ける確率はグンと下がります。個人的にパチンコは「演出が面白い!」から入っているので、負けていることが悪とは全く思っていません。自分の使えるお金の範囲内で楽しめれば趣味としてパチンコ打つのはいいと思います。 しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
パチンコでいうと勝ったときの理由としてあげられるのは、いわゆる正攻法であるボーダー理論通りに打っているか、確変中に無駄玉を出さない打ち方をしているか、などなど。 逆に年間で負けた理由を具体的に答えられる人はいませんよね。つまり、負けている人は勝ったときも負けたときも具体的な理由が答えられないということ。ここで言いたいのは技術的な話ではなくて、ギャンブルすべてにおいて、勝ったときの理由が答えられない人は100%負けるということです。 この話を深堀りすると、税金とか保険とかも同じことが言えます。理解せずになんとなくやっていたら、理解している人よりも多くのお金を払ってしまうことになるのです。。ギャンブルに負けている人は「何においても知識がない人が多くお金を払う世の中だ」ということを、ギャンブルにも当てはめて考えてみるとよいでしょう。◆楽しくパチンコを打ち続けるなら…… 以上がギャンブルで必敗する人に共通する3つのパターンです。要するに、ギャンブルの仕組み・自身の収支・そして勝ち負けの理由、の3つが理解できていれば、負ける確率はグンと下がります。個人的にパチンコは「演出が面白い!」から入っているので、負けていることが悪とは全く思っていません。自分の使えるお金の範囲内で楽しめれば趣味としてパチンコ打つのはいいと思います。 しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
逆に年間で負けた理由を具体的に答えられる人はいませんよね。つまり、負けている人は勝ったときも負けたときも具体的な理由が答えられないということ。ここで言いたいのは技術的な話ではなくて、ギャンブルすべてにおいて、勝ったときの理由が答えられない人は100%負けるということです。 この話を深堀りすると、税金とか保険とかも同じことが言えます。理解せずになんとなくやっていたら、理解している人よりも多くのお金を払ってしまうことになるのです。。ギャンブルに負けている人は「何においても知識がない人が多くお金を払う世の中だ」ということを、ギャンブルにも当てはめて考えてみるとよいでしょう。◆楽しくパチンコを打ち続けるなら…… 以上がギャンブルで必敗する人に共通する3つのパターンです。要するに、ギャンブルの仕組み・自身の収支・そして勝ち負けの理由、の3つが理解できていれば、負ける確率はグンと下がります。個人的にパチンコは「演出が面白い!」から入っているので、負けていることが悪とは全く思っていません。自分の使えるお金の範囲内で楽しめれば趣味としてパチンコ打つのはいいと思います。 しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
この話を深堀りすると、税金とか保険とかも同じことが言えます。理解せずになんとなくやっていたら、理解している人よりも多くのお金を払ってしまうことになるのです。。ギャンブルに負けている人は「何においても知識がない人が多くお金を払う世の中だ」ということを、ギャンブルにも当てはめて考えてみるとよいでしょう。◆楽しくパチンコを打ち続けるなら…… 以上がギャンブルで必敗する人に共通する3つのパターンです。要するに、ギャンブルの仕組み・自身の収支・そして勝ち負けの理由、の3つが理解できていれば、負ける確率はグンと下がります。個人的にパチンコは「演出が面白い!」から入っているので、負けていることが悪とは全く思っていません。自分の使えるお金の範囲内で楽しめれば趣味としてパチンコ打つのはいいと思います。 しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
◆楽しくパチンコを打ち続けるなら…… 以上がギャンブルで必敗する人に共通する3つのパターンです。要するに、ギャンブルの仕組み・自身の収支・そして勝ち負けの理由、の3つが理解できていれば、負ける確率はグンと下がります。個人的にパチンコは「演出が面白い!」から入っているので、負けていることが悪とは全く思っていません。自分の使えるお金の範囲内で楽しめれば趣味としてパチンコ打つのはいいと思います。 しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
以上がギャンブルで必敗する人に共通する3つのパターンです。要するに、ギャンブルの仕組み・自身の収支・そして勝ち負けの理由、の3つが理解できていれば、負ける確率はグンと下がります。個人的にパチンコは「演出が面白い!」から入っているので、負けていることが悪とは全く思っていません。自分の使えるお金の範囲内で楽しめれば趣味としてパチンコ打つのはいいと思います。 しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
しかし、負けても負けても打ち続け、気がつけばギャンブル依存症になってしまっては、楽しくパチンコを打つことはできません。今回挙げた3つのことは、「趣味として打っているから負けてもいい」と思っている人でも最低限やってほしいことです。<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中
<取材・文/セールス森田>【セールス森田】平成生まれのパチンコライター。CS放送のパチンコ番組などに出演する際は、信頼度のパーセンテージを他の事柄に例えるネタを披露している。現在はweb媒体を中心に活動中