「会いたい…」安否不明の夫 捜索見守る

静岡県熱海市の土石流から4日目、自宅が巻き込まれて夫が行方不明になっている女性が懸命の捜索活動を見守っています。
小川慶子さん(70)は、夫の小川徹さん(71)と熱海市伊豆山で2人で暮らしていました。
土石流が発生した日、別の場所に住む家族から「お父さん雨は大丈夫?」と心配するメッセージがLINEで届くと、徹さんは「雨かなり強いけど伊豆山は何でもないよみんな~~土日も雨だね気をつけてね~~~」と明るく返信していました。
慶子さんは外出していたので被害に遭いませんでしたが、徹さんは自宅にいて土石流に巻き込まれたと見られています。
捜索が続くなか、家族は「少しでも発見につながるのなら」という思いで徹さんの写真を提供してくれました。
土石流の発生から4日目、慶子さんは「本当に会いたい」と捜索活動を見守っています。