「一般客と同じトイレ使用」バブル方式の“穴”

オリンピックの開幕まであと17日。東京都が6日に確認した新型コロナウイルスの新たな感染者は593人で、先週の火曜日より117人増えました。前の週の同じ曜日を上回るのは、17日連続のことです。
政府は11日が期限のまん延防止等重点措置について、1カ月程度の延長を軸に調整しています。焦点となっているオリンピックの観客数については、大会組織委員会の森前会長が、このような発言をしました。
大会組織委員会前会長・森喜朗氏:「当初から無観客ということを、私はその予定で、ものを立てていった方がいいと申し上げてきた」
大会関係者によりますと、まん延防止措置が延長された場合、開会式と閉会式を無観客にする検討が進んでいるといいます。札幌市でのマラソンと競歩については、一足先に方針が決まりました。組織委員会などが、沿道での観戦自粛を要請すると発表しました。
5月に実際のコースを使って行われたテスト大会でも観戦自粛が呼び掛けられていました。しかし、一部の沿道には、観客が集まる事態になりました。これを受け、オリンピックでは観戦自粛を呼び掛けるスタッフを、テスト大会での700人から2000人に増員するといいます。ただ、大会関係者は、こう話します。
大会組織委員会・森泰夫大会運営局次長:「スタートゴールは一定の関係者以外が入れないエリアで制御するが、沿道は公道なので人が通ることはできる」来日したオリンピック関係者が、外部との接触を遮断するという“バブル方式”についても穴が指摘されています。野党議員が6日、羽田空港を視察しました。立憲民主党・逢坂議員:「動線の確保は、相当、緩いのではないか。『あっちへ行きたい』『こっちへ行きたい』という人は勝手に行ける。バブルに穴が空いているのではないか」立憲民主党・長妻議員:「一番、驚いたのは、見送りに来ている一般の客と入国したての人が、トイレもコーヒースタンドも同じものを使える」野党ヒヤリングでは、そのほかにも指摘がありました。立憲民主党・末松議員:「オリンピック関係者が公共交通機関を使わないようなチェックをするのか」内閣官房の担当者:「監督者を置く形で行動管理をしていく」立憲民主党・黒岩議員:「監督者はどのくらい用意しているのか。常につけられるのか」内閣官房の担当者:「手持ちの数字を持っていないので、明確なお答えができない」
来日したオリンピック関係者が、外部との接触を遮断するという“バブル方式”についても穴が指摘されています。野党議員が6日、羽田空港を視察しました。立憲民主党・逢坂議員:「動線の確保は、相当、緩いのではないか。『あっちへ行きたい』『こっちへ行きたい』という人は勝手に行ける。バブルに穴が空いているのではないか」立憲民主党・長妻議員:「一番、驚いたのは、見送りに来ている一般の客と入国したての人が、トイレもコーヒースタンドも同じものを使える」野党ヒヤリングでは、そのほかにも指摘がありました。立憲民主党・末松議員:「オリンピック関係者が公共交通機関を使わないようなチェックをするのか」内閣官房の担当者:「監督者を置く形で行動管理をしていく」立憲民主党・黒岩議員:「監督者はどのくらい用意しているのか。常につけられるのか」内閣官房の担当者:「手持ちの数字を持っていないので、明確なお答えができない」
立憲民主党・逢坂議員:「動線の確保は、相当、緩いのではないか。『あっちへ行きたい』『こっちへ行きたい』という人は勝手に行ける。バブルに穴が空いているのではないか」立憲民主党・長妻議員:「一番、驚いたのは、見送りに来ている一般の客と入国したての人が、トイレもコーヒースタンドも同じものを使える」野党ヒヤリングでは、そのほかにも指摘がありました。立憲民主党・末松議員:「オリンピック関係者が公共交通機関を使わないようなチェックをするのか」内閣官房の担当者:「監督者を置く形で行動管理をしていく」立憲民主党・黒岩議員:「監督者はどのくらい用意しているのか。常につけられるのか」内閣官房の担当者:「手持ちの数字を持っていないので、明確なお答えができない」
立憲民主党・長妻議員:「一番、驚いたのは、見送りに来ている一般の客と入国したての人が、トイレもコーヒースタンドも同じものを使える」野党ヒヤリングでは、そのほかにも指摘がありました。立憲民主党・末松議員:「オリンピック関係者が公共交通機関を使わないようなチェックをするのか」内閣官房の担当者:「監督者を置く形で行動管理をしていく」立憲民主党・黒岩議員:「監督者はどのくらい用意しているのか。常につけられるのか」内閣官房の担当者:「手持ちの数字を持っていないので、明確なお答えができない」
野党ヒヤリングでは、そのほかにも指摘がありました。立憲民主党・末松議員:「オリンピック関係者が公共交通機関を使わないようなチェックをするのか」内閣官房の担当者:「監督者を置く形で行動管理をしていく」立憲民主党・黒岩議員:「監督者はどのくらい用意しているのか。常につけられるのか」内閣官房の担当者:「手持ちの数字を持っていないので、明確なお答えができない」
立憲民主党・末松議員:「オリンピック関係者が公共交通機関を使わないようなチェックをするのか」内閣官房の担当者:「監督者を置く形で行動管理をしていく」立憲民主党・黒岩議員:「監督者はどのくらい用意しているのか。常につけられるのか」内閣官房の担当者:「手持ちの数字を持っていないので、明確なお答えができない」
内閣官房の担当者:「監督者を置く形で行動管理をしていく」立憲民主党・黒岩議員:「監督者はどのくらい用意しているのか。常につけられるのか」内閣官房の担当者:「手持ちの数字を持っていないので、明確なお答えができない」
立憲民主党・黒岩議員:「監督者はどのくらい用意しているのか。常につけられるのか」内閣官房の担当者:「手持ちの数字を持っていないので、明確なお答えができない」