真夏日の公園駐車場、車内に2歳男児が閉じ込められる…母親が鍵置いたままロック

7日午後1時50分頃、前橋市西片貝町の前橋こども公園の駐車場で、2歳男児が車内に閉じ込められ、熱中症で救急搬送された。
軽症とみられる。市消防局によると、母親が車内に鍵を置いたままドアにロックをかけてしまい、男児は20分ほど取り残されたが、消防隊員らに救出された。
前橋地方気象台によると、7日の県内は暖かい南風が吹き込むなどし、13観測地点のうち9か所で真夏日を記録。最高気温は桐生市で32・4度、前橋市で31・4度だった。
群馬県内の各消防によると、7日午後5時現在、男児のほか、40歳代の3人、70歳代の2人が熱中症の疑いで搬送された。