小学生が給食の米粉パンで窒息 意識不明の重体 <新潟県佐渡市>

佐渡市の小学生で7日正午すぎ、児童が給食のパンをのどに詰まらせる事故がありました。
佐渡市教育委員会によりますと、市内の小学校で、5年生の男子児童が、給食時間に米粉パンを食べていたところ、口にほおばった状態で具合が悪そうにしていたといいます。異変に気付いた担任教師が、パンを吐き出させたところ、数分後に倒れたといいます。
男子児童は救急車で佐渡市内の病院へ搬送され、その後、新潟市内の病院にヘリコプターで運ばれています。
男子児童は、パンによる窒息と診断され、心拍、脈拍はありますが意識不明の重体ということです。
佐渡市教育長は、「児童の1日も早い回復を祈っています。再発防止に向けて給食の食べ方について改めて各学校で指導を行い安全な給食に努めていきたい」とコメントしています。