西村大臣「宣言のたび、もう最後にしたいと」東京都に4度目となる緊急事態宣言の発出へ

さきほど、政府の分科会において今月12日から東京都に4度目となる緊急事態宣言を発出する政府の方針について、専門家らが了承した。さきほど政府の分科会を終えた西村大臣が記者団の取材に応じ「できれば最後にしたい」などと述べ、苦渋の決断であったことを滲ませた。

【映像】小池都知事「状況はとても厳しい」
西村大臣は「東京の医療の状況はひっ迫しつつある。とくに40代、50代の方々の入院が増えて生きている中で国民の皆様の命と健康を守ることを第一、最優先に今回このような厳しい措置をお願いすることになる。先手先手で機動的に講じていくという基本的な方針に基づき、今回このような措置をとらせてもらった。」などと経緯を述べた西村大臣は「毎回、緊急事態宣言のたびに私自身は『もう最後にしたい』といつも思っているが、とくに今回は最後にしたい。できれば最後にしたいという気持ちを強く持っている」と続けた。