丸山穂高議員が4回目の緊急事態宣言に疑問「科学的裏付けの薄過ぎる宣言。アホらし」

丸山穂高衆院議員(37)が8日、ツイッターで緊急事態宣言にともなう酒類提供禁止、イベント中止について言及した。
政府は8日にも東京都に4回目の緊急事態宣言を出す方針で、飲食店などでの酒類提供は原則停止となる。
これについて丸山氏は「若者や都会優先でなく、何の為に高齢者へのワクチン接種を優先してきたのか。病床使用率と重症者数からみても医療逼迫はしていない」と、ここまで高齢者を優先して新型コロナワクチンを接種した効果を強調。
その上で「水際対策ガバガバのままオリンピックやるのに、他のイベントやめろ酒は出すな店閉めろ罰金だと?こりゃ自粛守る人更に減るな。科学的裏付けの薄過ぎる宣言。アホらし」とこの状況で東京五輪・パラリンピックを開催しつつ、酒類提供停止などの方針の根拠のなさと矛盾点にあきれた様子だ。