支援物資いりません…熱海市が「苦渋の決断」 背景には何が?市が明かす被災地の現状

土石流で大きな被害を受けた静岡県熱海市は2021年7月7日、寄せられる支援物資の受け入れを一時休止すると発表した。
市の観光建設部の担当者は「心苦しい」と吐露する。なぜ、苦渋の決断となったのか。背景には送り手が思う「必要そうなもの」と「実際に必要なもの」とのギャップがあった。
7月7日11時20分、熱海市は公式サイト上で「支援物資についてのお知らせ」と題した文書を掲載。市に寄せられる支援物資について、受け入れを一時休止するとした。
理由の一つは「保管場所の確保困難」だ。熱海市の担当者によると、寄せられた物資は市役所の会議室に集めているものの、それが溜まっている状況にあるという。
市は7月5日、生鮮食品や消費期限の近い食料品、使用済みの日用・衣料品など、一部物品の受け入れを断る「お知らせ」を公式サイト上に掲載。理由として、「食料品用の温度・湿度管理が行えない保管場所である」「膨大な業務を、限られたスタッフで実施している」などを挙げていた。
ただ、受け入れを制限しても、会議室内の物資はなかなか減らなかった。多くの避難者が、設備の整った市内のホテルに滞在し、物品が消費されなかったためだ。今回物資の受け入れ休止を決めた、もう一つの理由でもある。「食事の提供も、飲料の提供も、ホテルでしていただいております。今の段階で避難された方が必要としている物資は、ほとんどありません」(熱海市の担当者)かさばるトイレットペーパー…保管スペースひっ迫国内屈指の温泉観光地として知られる熱海市。市内にあるホテルが、被災者たちの受け皿となった。学校の体育館や集会所で身を寄せ合い、炊き出しを待つ――。東日本大震災(11年)や熊本地震(16年)などの大規模災害時、テレビのニュースで伝えられてきた、被災者たちの姿だ。プライバシーが確保され、飲食も提供される熱海の避難生活とは、大きく異なる。そんな従来の避難生活とのギャップもあってか、支援物資が届けられても、うまく活用されないケースが熱海では生じた。例えば7月5日に生鮮食品の受け入れ休止を発表する前には、ネギやじゃがいも、にんじんといった野菜類が寄せられていたという。「『災害が起これば、避難所で炊き出しをやるだろう。ならば、野菜が必要かもしれない』ということで、(野菜を)お送りいただいたのだと思います。ただ、食事は(ホテル避難なので)心配がいらない。また、今は湿気も高く、野菜が傷みやすい時期です。心苦しいんですけれども…処分させていただかざるを得ない状況です」(同担当者)食品以外では、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マットレスや毛布などの寝具も多く寄せられた。「お送りいただいた方は、(一般的な被災地の)『避難生活』をイメージされたのだと思います。(これまでの被災地では)学校のトイレ、仮設トイレで『トイレットペーパーがなくなっちゃった』というケースがあったと思うんですけれど…今回は(ホテル生活のため)必要がありませんでした」(同担当者)特に、大量に寄せられたトイレットペーパーやティッシュペーパーは他の物品と比べてかさばることもあり、保管スペースをひっ迫。物資の受け入れ休止につながる一因になってしまったという。「そのとき、そのときに必要なものが出てくる」ただ、届けられたすべての物資が不必要だったわけではない。今は充足していて、新たな支援の必要はないが、水やお茶、機能性飲料など「飲み物」は助かったという。「自衛隊や消防、警察など総勢1000人以上の方々が、行方不明者の捜索活動をしていただいている。非常に暑く、湿度が高い状況ですので、そういう方々ののどを潤すために、飲料は非常に重宝しております」今後は、避難者の生活再建も待っている。「家に戻ったとしても、(今度は)生活必需品の不足が想定されます。(今は必要がない)トイレットペーパーも必要になるかもしれませんし、家の周りを片付けるのに、スコップであったり、汚れたものを整理する雑巾、軍手など…もしかしたらそういうものが必要になってくるのかな、とは思います」(市の担当者)。市は今後の復旧・復興状況に応じ、新たな物資支援の呼びかけを検討しているという。取材の最後、担当者はこんな思いを口にした。「全国から、温かい励ましの言葉とともに、ご支援をしたいという声をいただいております。現状では(物資が)充足しているということもあって、お気持ちだけはありがたくいただきたいなと思います。熱海の街は観光地です。多くの方々を迎え入れる、賑わいのある街であることが、一番いいことであります。そのとき、そのときに必要なものが出てくると思っております。我々のほうも、『今、何が足りないのか』を(随時)発信させていただきたいと思います。その際はご協力いただき、熱海の復興に力をお貸し願えればと思います」(J-CASTニュース記者 佐藤庄之介)
国内屈指の温泉観光地として知られる熱海市。市内にあるホテルが、被災者たちの受け皿となった。学校の体育館や集会所で身を寄せ合い、炊き出しを待つ――。東日本大震災(11年)や熊本地震(16年)などの大規模災害時、テレビのニュースで伝えられてきた、被災者たちの姿だ。プライバシーが確保され、飲食も提供される熱海の避難生活とは、大きく異なる。そんな従来の避難生活とのギャップもあってか、支援物資が届けられても、うまく活用されないケースが熱海では生じた。例えば7月5日に生鮮食品の受け入れ休止を発表する前には、ネギやじゃがいも、にんじんといった野菜類が寄せられていたという。「『災害が起これば、避難所で炊き出しをやるだろう。ならば、野菜が必要かもしれない』ということで、(野菜を)お送りいただいたのだと思います。ただ、食事は(ホテル避難なので)心配がいらない。また、今は湿気も高く、野菜が傷みやすい時期です。心苦しいんですけれども…処分させていただかざるを得ない状況です」(同担当者)食品以外では、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マットレスや毛布などの寝具も多く寄せられた。「お送りいただいた方は、(一般的な被災地の)『避難生活』をイメージされたのだと思います。(これまでの被災地では)学校のトイレ、仮設トイレで『トイレットペーパーがなくなっちゃった』というケースがあったと思うんですけれど…今回は(ホテル生活のため)必要がありませんでした」(同担当者)特に、大量に寄せられたトイレットペーパーやティッシュペーパーは他の物品と比べてかさばることもあり、保管スペースをひっ迫。物資の受け入れ休止につながる一因になってしまったという。「そのとき、そのときに必要なものが出てくる」ただ、届けられたすべての物資が不必要だったわけではない。今は充足していて、新たな支援の必要はないが、水やお茶、機能性飲料など「飲み物」は助かったという。「自衛隊や消防、警察など総勢1000人以上の方々が、行方不明者の捜索活動をしていただいている。非常に暑く、湿度が高い状況ですので、そういう方々ののどを潤すために、飲料は非常に重宝しております」今後は、避難者の生活再建も待っている。「家に戻ったとしても、(今度は)生活必需品の不足が想定されます。(今は必要がない)トイレットペーパーも必要になるかもしれませんし、家の周りを片付けるのに、スコップであったり、汚れたものを整理する雑巾、軍手など…もしかしたらそういうものが必要になってくるのかな、とは思います」(市の担当者)。市は今後の復旧・復興状況に応じ、新たな物資支援の呼びかけを検討しているという。取材の最後、担当者はこんな思いを口にした。「全国から、温かい励ましの言葉とともに、ご支援をしたいという声をいただいております。現状では(物資が)充足しているということもあって、お気持ちだけはありがたくいただきたいなと思います。熱海の街は観光地です。多くの方々を迎え入れる、賑わいのある街であることが、一番いいことであります。そのとき、そのときに必要なものが出てくると思っております。我々のほうも、『今、何が足りないのか』を(随時)発信させていただきたいと思います。その際はご協力いただき、熱海の復興に力をお貸し願えればと思います」(J-CASTニュース記者 佐藤庄之介)
学校の体育館や集会所で身を寄せ合い、炊き出しを待つ――。東日本大震災(11年)や熊本地震(16年)などの大規模災害時、テレビのニュースで伝えられてきた、被災者たちの姿だ。プライバシーが確保され、飲食も提供される熱海の避難生活とは、大きく異なる。そんな従来の避難生活とのギャップもあってか、支援物資が届けられても、うまく活用されないケースが熱海では生じた。例えば7月5日に生鮮食品の受け入れ休止を発表する前には、ネギやじゃがいも、にんじんといった野菜類が寄せられていたという。「『災害が起これば、避難所で炊き出しをやるだろう。ならば、野菜が必要かもしれない』ということで、(野菜を)お送りいただいたのだと思います。ただ、食事は(ホテル避難なので)心配がいらない。また、今は湿気も高く、野菜が傷みやすい時期です。心苦しいんですけれども…処分させていただかざるを得ない状況です」(同担当者)食品以外では、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マットレスや毛布などの寝具も多く寄せられた。「お送りいただいた方は、(一般的な被災地の)『避難生活』をイメージされたのだと思います。(これまでの被災地では)学校のトイレ、仮設トイレで『トイレットペーパーがなくなっちゃった』というケースがあったと思うんですけれど…今回は(ホテル生活のため)必要がありませんでした」(同担当者)特に、大量に寄せられたトイレットペーパーやティッシュペーパーは他の物品と比べてかさばることもあり、保管スペースをひっ迫。物資の受け入れ休止につながる一因になってしまったという。「そのとき、そのときに必要なものが出てくる」ただ、届けられたすべての物資が不必要だったわけではない。今は充足していて、新たな支援の必要はないが、水やお茶、機能性飲料など「飲み物」は助かったという。「自衛隊や消防、警察など総勢1000人以上の方々が、行方不明者の捜索活動をしていただいている。非常に暑く、湿度が高い状況ですので、そういう方々ののどを潤すために、飲料は非常に重宝しております」今後は、避難者の生活再建も待っている。「家に戻ったとしても、(今度は)生活必需品の不足が想定されます。(今は必要がない)トイレットペーパーも必要になるかもしれませんし、家の周りを片付けるのに、スコップであったり、汚れたものを整理する雑巾、軍手など…もしかしたらそういうものが必要になってくるのかな、とは思います」(市の担当者)。市は今後の復旧・復興状況に応じ、新たな物資支援の呼びかけを検討しているという。取材の最後、担当者はこんな思いを口にした。「全国から、温かい励ましの言葉とともに、ご支援をしたいという声をいただいております。現状では(物資が)充足しているということもあって、お気持ちだけはありがたくいただきたいなと思います。熱海の街は観光地です。多くの方々を迎え入れる、賑わいのある街であることが、一番いいことであります。そのとき、そのときに必要なものが出てくると思っております。我々のほうも、『今、何が足りないのか』を(随時)発信させていただきたいと思います。その際はご協力いただき、熱海の復興に力をお貸し願えればと思います」(J-CASTニュース記者 佐藤庄之介)
そんな従来の避難生活とのギャップもあってか、支援物資が届けられても、うまく活用されないケースが熱海では生じた。例えば7月5日に生鮮食品の受け入れ休止を発表する前には、ネギやじゃがいも、にんじんといった野菜類が寄せられていたという。「『災害が起これば、避難所で炊き出しをやるだろう。ならば、野菜が必要かもしれない』ということで、(野菜を)お送りいただいたのだと思います。ただ、食事は(ホテル避難なので)心配がいらない。また、今は湿気も高く、野菜が傷みやすい時期です。心苦しいんですけれども…処分させていただかざるを得ない状況です」(同担当者)食品以外では、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マットレスや毛布などの寝具も多く寄せられた。「お送りいただいた方は、(一般的な被災地の)『避難生活』をイメージされたのだと思います。(これまでの被災地では)学校のトイレ、仮設トイレで『トイレットペーパーがなくなっちゃった』というケースがあったと思うんですけれど…今回は(ホテル生活のため)必要がありませんでした」(同担当者)特に、大量に寄せられたトイレットペーパーやティッシュペーパーは他の物品と比べてかさばることもあり、保管スペースをひっ迫。物資の受け入れ休止につながる一因になってしまったという。「そのとき、そのときに必要なものが出てくる」ただ、届けられたすべての物資が不必要だったわけではない。今は充足していて、新たな支援の必要はないが、水やお茶、機能性飲料など「飲み物」は助かったという。「自衛隊や消防、警察など総勢1000人以上の方々が、行方不明者の捜索活動をしていただいている。非常に暑く、湿度が高い状況ですので、そういう方々ののどを潤すために、飲料は非常に重宝しております」今後は、避難者の生活再建も待っている。「家に戻ったとしても、(今度は)生活必需品の不足が想定されます。(今は必要がない)トイレットペーパーも必要になるかもしれませんし、家の周りを片付けるのに、スコップであったり、汚れたものを整理する雑巾、軍手など…もしかしたらそういうものが必要になってくるのかな、とは思います」(市の担当者)。市は今後の復旧・復興状況に応じ、新たな物資支援の呼びかけを検討しているという。取材の最後、担当者はこんな思いを口にした。「全国から、温かい励ましの言葉とともに、ご支援をしたいという声をいただいております。現状では(物資が)充足しているということもあって、お気持ちだけはありがたくいただきたいなと思います。熱海の街は観光地です。多くの方々を迎え入れる、賑わいのある街であることが、一番いいことであります。そのとき、そのときに必要なものが出てくると思っております。我々のほうも、『今、何が足りないのか』を(随時)発信させていただきたいと思います。その際はご協力いただき、熱海の復興に力をお貸し願えればと思います」(J-CASTニュース記者 佐藤庄之介)
食品以外では、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マットレスや毛布などの寝具も多く寄せられた。「お送りいただいた方は、(一般的な被災地の)『避難生活』をイメージされたのだと思います。(これまでの被災地では)学校のトイレ、仮設トイレで『トイレットペーパーがなくなっちゃった』というケースがあったと思うんですけれど…今回は(ホテル生活のため)必要がありませんでした」(同担当者)特に、大量に寄せられたトイレットペーパーやティッシュペーパーは他の物品と比べてかさばることもあり、保管スペースをひっ迫。物資の受け入れ休止につながる一因になってしまったという。「そのとき、そのときに必要なものが出てくる」ただ、届けられたすべての物資が不必要だったわけではない。今は充足していて、新たな支援の必要はないが、水やお茶、機能性飲料など「飲み物」は助かったという。「自衛隊や消防、警察など総勢1000人以上の方々が、行方不明者の捜索活動をしていただいている。非常に暑く、湿度が高い状況ですので、そういう方々ののどを潤すために、飲料は非常に重宝しております」今後は、避難者の生活再建も待っている。「家に戻ったとしても、(今度は)生活必需品の不足が想定されます。(今は必要がない)トイレットペーパーも必要になるかもしれませんし、家の周りを片付けるのに、スコップであったり、汚れたものを整理する雑巾、軍手など…もしかしたらそういうものが必要になってくるのかな、とは思います」(市の担当者)。市は今後の復旧・復興状況に応じ、新たな物資支援の呼びかけを検討しているという。取材の最後、担当者はこんな思いを口にした。「全国から、温かい励ましの言葉とともに、ご支援をしたいという声をいただいております。現状では(物資が)充足しているということもあって、お気持ちだけはありがたくいただきたいなと思います。熱海の街は観光地です。多くの方々を迎え入れる、賑わいのある街であることが、一番いいことであります。そのとき、そのときに必要なものが出てくると思っております。我々のほうも、『今、何が足りないのか』を(随時)発信させていただきたいと思います。その際はご協力いただき、熱海の復興に力をお貸し願えればと思います」(J-CASTニュース記者 佐藤庄之介)
特に、大量に寄せられたトイレットペーパーやティッシュペーパーは他の物品と比べてかさばることもあり、保管スペースをひっ迫。物資の受け入れ休止につながる一因になってしまったという。「そのとき、そのときに必要なものが出てくる」ただ、届けられたすべての物資が不必要だったわけではない。今は充足していて、新たな支援の必要はないが、水やお茶、機能性飲料など「飲み物」は助かったという。「自衛隊や消防、警察など総勢1000人以上の方々が、行方不明者の捜索活動をしていただいている。非常に暑く、湿度が高い状況ですので、そういう方々ののどを潤すために、飲料は非常に重宝しております」今後は、避難者の生活再建も待っている。「家に戻ったとしても、(今度は)生活必需品の不足が想定されます。(今は必要がない)トイレットペーパーも必要になるかもしれませんし、家の周りを片付けるのに、スコップであったり、汚れたものを整理する雑巾、軍手など…もしかしたらそういうものが必要になってくるのかな、とは思います」(市の担当者)。市は今後の復旧・復興状況に応じ、新たな物資支援の呼びかけを検討しているという。取材の最後、担当者はこんな思いを口にした。「全国から、温かい励ましの言葉とともに、ご支援をしたいという声をいただいております。現状では(物資が)充足しているということもあって、お気持ちだけはありがたくいただきたいなと思います。熱海の街は観光地です。多くの方々を迎え入れる、賑わいのある街であることが、一番いいことであります。そのとき、そのときに必要なものが出てくると思っております。我々のほうも、『今、何が足りないのか』を(随時)発信させていただきたいと思います。その際はご協力いただき、熱海の復興に力をお貸し願えればと思います」(J-CASTニュース記者 佐藤庄之介)
ただ、届けられたすべての物資が不必要だったわけではない。今は充足していて、新たな支援の必要はないが、水やお茶、機能性飲料など「飲み物」は助かったという。「自衛隊や消防、警察など総勢1000人以上の方々が、行方不明者の捜索活動をしていただいている。非常に暑く、湿度が高い状況ですので、そういう方々ののどを潤すために、飲料は非常に重宝しております」今後は、避難者の生活再建も待っている。「家に戻ったとしても、(今度は)生活必需品の不足が想定されます。(今は必要がない)トイレットペーパーも必要になるかもしれませんし、家の周りを片付けるのに、スコップであったり、汚れたものを整理する雑巾、軍手など…もしかしたらそういうものが必要になってくるのかな、とは思います」(市の担当者)。市は今後の復旧・復興状況に応じ、新たな物資支援の呼びかけを検討しているという。取材の最後、担当者はこんな思いを口にした。「全国から、温かい励ましの言葉とともに、ご支援をしたいという声をいただいております。現状では(物資が)充足しているということもあって、お気持ちだけはありがたくいただきたいなと思います。熱海の街は観光地です。多くの方々を迎え入れる、賑わいのある街であることが、一番いいことであります。そのとき、そのときに必要なものが出てくると思っております。我々のほうも、『今、何が足りないのか』を(随時)発信させていただきたいと思います。その際はご協力いただき、熱海の復興に力をお貸し願えればと思います」(J-CASTニュース記者 佐藤庄之介)
今後は、避難者の生活再建も待っている。「家に戻ったとしても、(今度は)生活必需品の不足が想定されます。(今は必要がない)トイレットペーパーも必要になるかもしれませんし、家の周りを片付けるのに、スコップであったり、汚れたものを整理する雑巾、軍手など…もしかしたらそういうものが必要になってくるのかな、とは思います」(市の担当者)。市は今後の復旧・復興状況に応じ、新たな物資支援の呼びかけを検討しているという。取材の最後、担当者はこんな思いを口にした。「全国から、温かい励ましの言葉とともに、ご支援をしたいという声をいただいております。現状では(物資が)充足しているということもあって、お気持ちだけはありがたくいただきたいなと思います。熱海の街は観光地です。多くの方々を迎え入れる、賑わいのある街であることが、一番いいことであります。そのとき、そのときに必要なものが出てくると思っております。我々のほうも、『今、何が足りないのか』を(随時)発信させていただきたいと思います。その際はご協力いただき、熱海の復興に力をお貸し願えればと思います」(J-CASTニュース記者 佐藤庄之介)
取材の最後、担当者はこんな思いを口にした。「全国から、温かい励ましの言葉とともに、ご支援をしたいという声をいただいております。現状では(物資が)充足しているということもあって、お気持ちだけはありがたくいただきたいなと思います。熱海の街は観光地です。多くの方々を迎え入れる、賑わいのある街であることが、一番いいことであります。そのとき、そのときに必要なものが出てくると思っております。我々のほうも、『今、何が足りないのか』を(随時)発信させていただきたいと思います。その際はご協力いただき、熱海の復興に力をお貸し願えればと思います」(J-CASTニュース記者 佐藤庄之介)
(J-CASTニュース記者 佐藤庄之介)