「大翔」「結愛」なんて読む? “読み方”は10通り以上、専門家が調査結果を発表

誕生とともにひとりひとりに思いを込めてつけられる名前。6日、子どもの名前を巡って、ある調査結果が発表された。

【映像】14種類も?「結愛」の“読み方”一覧
東京理科大学の荻原祐二助教は、2004年から2018年までに生まれた新生児の男女4種類ずつ、それぞれ名前の表記、読み方の種類と割合を分析。結果、調査した全ての表記で、読みにおける種類の多さが明らかになった。
例えば「大翔」の場合、「ひろと」「はると」「やまと」「だいと」「たいが」「まさと」「たいと」「つばさ」「だいき」「おうが」「そら」「たいしょう」「だいしょう」「はるま」「ひろき」「たいせい」「たいし」「たいぞう」と、実に18種類もの読み方が存在しているという。さらに「結愛」にも14種類の読み方があった。