古市憲寿氏、東京に緊急事態宣言報道に私見「『馬鹿なのかな』という感想しかない」

社会学者の古市憲寿氏が7日、自身のツイッターを更新。政府が11日に期限を迎える東京都のまん延防止等重点措置を、12日以降に緊急事態宣言に切り替える方向で調整に入ったと報じられたことに私見をつづった。
古市氏は「本当に東京に緊急事態宣言を出すのなら『馬鹿なのかな』という感想しかない」と見解を示し、その上で「ウィズコロナ派からは『病床使用率を見ろ(医療体制を改善せよ)』『前回の検証は済んだのか』と反論されるだろうし、ゼロコロナ派からは『だったらオリンピックも止めろ』と反感を買うだろう」とツイートした。