「意味がわからない」「また西村大臣か…」 西村大臣発言に金融機関、金融庁関係者からもため息

西村経済再生担当大臣は9日、「酒の提供を続ける飲食店に対して金融機関への働きかけを要請する」としたきのうの発言について釈明した。

【映像】西村大臣発言に波紋
西村大臣は記者会見で、「金融機関は多くの事業者と接点があり、日頃からコミュニケーションをとる一環として、感染防止を働きかけてもらいたいという趣旨だった」と説明。「融資を制限するということではなく、優越的地位の濫用には当たらない」と釈明した。
波紋を呼ぶ西村大臣の発言について、会見を取材したテレビ朝日経済部の梶川幸司記者が伝える。
西村大臣の発言は何が問題だったのか。梶川記者は「お金を貸す側の金融機関と借りる側の零細な飲食店では、力関係が明らかに違う。金融機関が強い立場からものを言って弱い立場を従わせるというのは、『優越的地位の濫用』といって、独占禁止法に抵触しかねない、やってはいけない行為。これまでにも、こうしたことが貸し剥がしにつながるといった歴史があるが、今回はコロナの感染を防ぐためとはいえ、こうした要請を金融機関を通して求めることには大きな抵抗がある」と指摘する。