「音がしなかった」熱海・土石流…付近に住む人の証言から身を守る教訓を探る

いま、各地で起きている、大雨による被害。
熱海では7月3日、3日間にわたり雨が降り続いたものの、多くの人が避難できないまま、悲劇が起きました。気づかぬうちに高まる土砂災害の脅威。そこからどう身を守れば良いのでしょうか?
めざまし8では住民の証言から教訓を探りました。
不安定な空模様のもと、懸命な捜索活動が続く熱海。
めざまし8ではこの1週間、土石流が起きた当時、運命を分けた人々の行動を見つめてきました。7日、天達武史気象防災キャスターが被災現場を取材して見えてきたのは「避難することの難しさ」でした。
被災現場近くに住む女性:全然、音もしなかったし気がつきませんでした。部屋の中にいたから。警察の方が2人、裏の庭に入ってこられて「奥さん!避難するよ!」って見えたんです。でもその時もこの惨状は知りませんでした
こう話すのは、大量の土砂が押し寄せた逢初橋の近くに住む女性。
部屋の中にいて、音すら聞こえなかったという土石流。土石流には“地鳴り”や“腐った土の匂い“などの予兆があるとされますが、それを感じることの難しさがあるのです。
静かに忍び寄る脅威からどう逃げれば良いのでしょうか?素早く避難できた人の行動にはある“共通点”があります。実際に避難した人に話を聞くと…避難した住民:「みんな逃げろー」って言って逃がしたら、今度は大きいのが来て。ここに川があって、その川のところで(土砂が)詰まってるのを見てたんですよ数回にわたって発生したとみられる、熱海市の土石流。男性は、初期段階で流れ込んだ小規模な土砂を目にし、避難行動をとったといいます。声を出し周囲に避難を呼びかけた男性。その後、大規模な土石流が一帯を飲み込んでいきました。さらに、先に異変を感じた人の叫び声を聞き避難できた人も…住民男性:音は聞こえなかったが、周りの「早く逃げて!」という声が聞こえてきました。ただの雨ではないなと異変を感じて避難しました予兆を感じづらかった今回の土石流。そのような中で、多くの命を救ったのは、異変を察知できた近所の人による“声の掛け合い”でした。土砂災害から身を守る“3つのポイント”雨が降り続き気づけないうちに高まっていく土砂災害の脅威。そこから私たちは、どのように身を守ればよいのでしょうか?天達気象予報士は3つのポイントを挙げました。天達気象予報士:まず1つ目は、“最新情報をとる”ことが非常に大事です。大雨で災害が起きるときは何かしら情報が気象庁、自治体からも発表されます。このことに皆さんが敏感になっていただきたいところです。特に災害が多いのが7月8月9月であり、これから3カ月くらいは気象庁からの警報、自治体からの避難情報、これらに敏感になることが大事であると思います天達気象予報士:2つ目は、“異変を感じる”ということです。これはもちろん声の掛け合いというのも1つなのですが、自分でもできれば「いつもとは違うな」という異変を感じ取っていただきたいのです。そうするには、日頃からこの身の回りがどういう場所なのか知ることが大事です。その後、例えば雨で土砂災害が起きる際に、崖の近くでは小石がパラパラ落ちてきたりですとか、水が噴き出してくる等の異変、これらは毎日みなさんが状況を見ていれば、その場所特有の異変が出てくるはずなのです天達気象予報士:3つ目は、“必ず谷に横に避難する”ということです。一部手遅れであると言われる場合がありますが、最後の手段で逃げる時に、特に土石流の時は谷に沿って襲ってきます。これはいわゆる山津波と言われているように、津波が山から谷沿いに流れていくので、心理的には上から来るものに対して、下に逃げるのですがそれでは間に合いません。道がなかったらとにかく横に逃げる、隣の家があっても横に避難する。そうすれば谷の大きさにもよりますが、この数十メートルの幅の場合が多いですから、急いで逃げれば間に合う場合もあります異変を感じとった人から声を出し、早いうちから避難を行動に移すこと。命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
避難した住民:「みんな逃げろー」って言って逃がしたら、今度は大きいのが来て。ここに川があって、その川のところで(土砂が)詰まってるのを見てたんですよ数回にわたって発生したとみられる、熱海市の土石流。男性は、初期段階で流れ込んだ小規模な土砂を目にし、避難行動をとったといいます。声を出し周囲に避難を呼びかけた男性。その後、大規模な土石流が一帯を飲み込んでいきました。さらに、先に異変を感じた人の叫び声を聞き避難できた人も…住民男性:音は聞こえなかったが、周りの「早く逃げて!」という声が聞こえてきました。ただの雨ではないなと異変を感じて避難しました予兆を感じづらかった今回の土石流。そのような中で、多くの命を救ったのは、異変を察知できた近所の人による“声の掛け合い”でした。土砂災害から身を守る“3つのポイント”雨が降り続き気づけないうちに高まっていく土砂災害の脅威。そこから私たちは、どのように身を守ればよいのでしょうか?天達気象予報士は3つのポイントを挙げました。天達気象予報士:まず1つ目は、“最新情報をとる”ことが非常に大事です。大雨で災害が起きるときは何かしら情報が気象庁、自治体からも発表されます。このことに皆さんが敏感になっていただきたいところです。特に災害が多いのが7月8月9月であり、これから3カ月くらいは気象庁からの警報、自治体からの避難情報、これらに敏感になることが大事であると思います天達気象予報士:2つ目は、“異変を感じる”ということです。これはもちろん声の掛け合いというのも1つなのですが、自分でもできれば「いつもとは違うな」という異変を感じ取っていただきたいのです。そうするには、日頃からこの身の回りがどういう場所なのか知ることが大事です。その後、例えば雨で土砂災害が起きる際に、崖の近くでは小石がパラパラ落ちてきたりですとか、水が噴き出してくる等の異変、これらは毎日みなさんが状況を見ていれば、その場所特有の異変が出てくるはずなのです天達気象予報士:3つ目は、“必ず谷に横に避難する”ということです。一部手遅れであると言われる場合がありますが、最後の手段で逃げる時に、特に土石流の時は谷に沿って襲ってきます。これはいわゆる山津波と言われているように、津波が山から谷沿いに流れていくので、心理的には上から来るものに対して、下に逃げるのですがそれでは間に合いません。道がなかったらとにかく横に逃げる、隣の家があっても横に避難する。そうすれば谷の大きさにもよりますが、この数十メートルの幅の場合が多いですから、急いで逃げれば間に合う場合もあります異変を感じとった人から声を出し、早いうちから避難を行動に移すこと。命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
数回にわたって発生したとみられる、熱海市の土石流。男性は、初期段階で流れ込んだ小規模な土砂を目にし、避難行動をとったといいます。声を出し周囲に避難を呼びかけた男性。その後、大規模な土石流が一帯を飲み込んでいきました。さらに、先に異変を感じた人の叫び声を聞き避難できた人も…住民男性:音は聞こえなかったが、周りの「早く逃げて!」という声が聞こえてきました。ただの雨ではないなと異変を感じて避難しました予兆を感じづらかった今回の土石流。そのような中で、多くの命を救ったのは、異変を察知できた近所の人による“声の掛け合い”でした。土砂災害から身を守る“3つのポイント”雨が降り続き気づけないうちに高まっていく土砂災害の脅威。そこから私たちは、どのように身を守ればよいのでしょうか?天達気象予報士は3つのポイントを挙げました。天達気象予報士:まず1つ目は、“最新情報をとる”ことが非常に大事です。大雨で災害が起きるときは何かしら情報が気象庁、自治体からも発表されます。このことに皆さんが敏感になっていただきたいところです。特に災害が多いのが7月8月9月であり、これから3カ月くらいは気象庁からの警報、自治体からの避難情報、これらに敏感になることが大事であると思います天達気象予報士:2つ目は、“異変を感じる”ということです。これはもちろん声の掛け合いというのも1つなのですが、自分でもできれば「いつもとは違うな」という異変を感じ取っていただきたいのです。そうするには、日頃からこの身の回りがどういう場所なのか知ることが大事です。その後、例えば雨で土砂災害が起きる際に、崖の近くでは小石がパラパラ落ちてきたりですとか、水が噴き出してくる等の異変、これらは毎日みなさんが状況を見ていれば、その場所特有の異変が出てくるはずなのです天達気象予報士:3つ目は、“必ず谷に横に避難する”ということです。一部手遅れであると言われる場合がありますが、最後の手段で逃げる時に、特に土石流の時は谷に沿って襲ってきます。これはいわゆる山津波と言われているように、津波が山から谷沿いに流れていくので、心理的には上から来るものに対して、下に逃げるのですがそれでは間に合いません。道がなかったらとにかく横に逃げる、隣の家があっても横に避難する。そうすれば谷の大きさにもよりますが、この数十メートルの幅の場合が多いですから、急いで逃げれば間に合う場合もあります異変を感じとった人から声を出し、早いうちから避難を行動に移すこと。命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
男性は、初期段階で流れ込んだ小規模な土砂を目にし、避難行動をとったといいます。声を出し周囲に避難を呼びかけた男性。その後、大規模な土石流が一帯を飲み込んでいきました。さらに、先に異変を感じた人の叫び声を聞き避難できた人も…住民男性:音は聞こえなかったが、周りの「早く逃げて!」という声が聞こえてきました。ただの雨ではないなと異変を感じて避難しました予兆を感じづらかった今回の土石流。そのような中で、多くの命を救ったのは、異変を察知できた近所の人による“声の掛け合い”でした。土砂災害から身を守る“3つのポイント”雨が降り続き気づけないうちに高まっていく土砂災害の脅威。そこから私たちは、どのように身を守ればよいのでしょうか?天達気象予報士は3つのポイントを挙げました。天達気象予報士:まず1つ目は、“最新情報をとる”ことが非常に大事です。大雨で災害が起きるときは何かしら情報が気象庁、自治体からも発表されます。このことに皆さんが敏感になっていただきたいところです。特に災害が多いのが7月8月9月であり、これから3カ月くらいは気象庁からの警報、自治体からの避難情報、これらに敏感になることが大事であると思います天達気象予報士:2つ目は、“異変を感じる”ということです。これはもちろん声の掛け合いというのも1つなのですが、自分でもできれば「いつもとは違うな」という異変を感じ取っていただきたいのです。そうするには、日頃からこの身の回りがどういう場所なのか知ることが大事です。その後、例えば雨で土砂災害が起きる際に、崖の近くでは小石がパラパラ落ちてきたりですとか、水が噴き出してくる等の異変、これらは毎日みなさんが状況を見ていれば、その場所特有の異変が出てくるはずなのです天達気象予報士:3つ目は、“必ず谷に横に避難する”ということです。一部手遅れであると言われる場合がありますが、最後の手段で逃げる時に、特に土石流の時は谷に沿って襲ってきます。これはいわゆる山津波と言われているように、津波が山から谷沿いに流れていくので、心理的には上から来るものに対して、下に逃げるのですがそれでは間に合いません。道がなかったらとにかく横に逃げる、隣の家があっても横に避難する。そうすれば谷の大きさにもよりますが、この数十メートルの幅の場合が多いですから、急いで逃げれば間に合う場合もあります異変を感じとった人から声を出し、早いうちから避難を行動に移すこと。命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
住民男性:音は聞こえなかったが、周りの「早く逃げて!」という声が聞こえてきました。ただの雨ではないなと異変を感じて避難しました予兆を感じづらかった今回の土石流。そのような中で、多くの命を救ったのは、異変を察知できた近所の人による“声の掛け合い”でした。土砂災害から身を守る“3つのポイント”雨が降り続き気づけないうちに高まっていく土砂災害の脅威。そこから私たちは、どのように身を守ればよいのでしょうか?天達気象予報士は3つのポイントを挙げました。天達気象予報士:まず1つ目は、“最新情報をとる”ことが非常に大事です。大雨で災害が起きるときは何かしら情報が気象庁、自治体からも発表されます。このことに皆さんが敏感になっていただきたいところです。特に災害が多いのが7月8月9月であり、これから3カ月くらいは気象庁からの警報、自治体からの避難情報、これらに敏感になることが大事であると思います天達気象予報士:2つ目は、“異変を感じる”ということです。これはもちろん声の掛け合いというのも1つなのですが、自分でもできれば「いつもとは違うな」という異変を感じ取っていただきたいのです。そうするには、日頃からこの身の回りがどういう場所なのか知ることが大事です。その後、例えば雨で土砂災害が起きる際に、崖の近くでは小石がパラパラ落ちてきたりですとか、水が噴き出してくる等の異変、これらは毎日みなさんが状況を見ていれば、その場所特有の異変が出てくるはずなのです天達気象予報士:3つ目は、“必ず谷に横に避難する”ということです。一部手遅れであると言われる場合がありますが、最後の手段で逃げる時に、特に土石流の時は谷に沿って襲ってきます。これはいわゆる山津波と言われているように、津波が山から谷沿いに流れていくので、心理的には上から来るものに対して、下に逃げるのですがそれでは間に合いません。道がなかったらとにかく横に逃げる、隣の家があっても横に避難する。そうすれば谷の大きさにもよりますが、この数十メートルの幅の場合が多いですから、急いで逃げれば間に合う場合もあります異変を感じとった人から声を出し、早いうちから避難を行動に移すこと。命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
予兆を感じづらかった今回の土石流。そのような中で、多くの命を救ったのは、異変を察知できた近所の人による“声の掛け合い”でした。土砂災害から身を守る“3つのポイント”雨が降り続き気づけないうちに高まっていく土砂災害の脅威。そこから私たちは、どのように身を守ればよいのでしょうか?天達気象予報士は3つのポイントを挙げました。天達気象予報士:まず1つ目は、“最新情報をとる”ことが非常に大事です。大雨で災害が起きるときは何かしら情報が気象庁、自治体からも発表されます。このことに皆さんが敏感になっていただきたいところです。特に災害が多いのが7月8月9月であり、これから3カ月くらいは気象庁からの警報、自治体からの避難情報、これらに敏感になることが大事であると思います天達気象予報士:2つ目は、“異変を感じる”ということです。これはもちろん声の掛け合いというのも1つなのですが、自分でもできれば「いつもとは違うな」という異変を感じ取っていただきたいのです。そうするには、日頃からこの身の回りがどういう場所なのか知ることが大事です。その後、例えば雨で土砂災害が起きる際に、崖の近くでは小石がパラパラ落ちてきたりですとか、水が噴き出してくる等の異変、これらは毎日みなさんが状況を見ていれば、その場所特有の異変が出てくるはずなのです天達気象予報士:3つ目は、“必ず谷に横に避難する”ということです。一部手遅れであると言われる場合がありますが、最後の手段で逃げる時に、特に土石流の時は谷に沿って襲ってきます。これはいわゆる山津波と言われているように、津波が山から谷沿いに流れていくので、心理的には上から来るものに対して、下に逃げるのですがそれでは間に合いません。道がなかったらとにかく横に逃げる、隣の家があっても横に避難する。そうすれば谷の大きさにもよりますが、この数十メートルの幅の場合が多いですから、急いで逃げれば間に合う場合もあります異変を感じとった人から声を出し、早いうちから避難を行動に移すこと。命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
そのような中で、多くの命を救ったのは、異変を察知できた近所の人による“声の掛け合い”でした。土砂災害から身を守る“3つのポイント”雨が降り続き気づけないうちに高まっていく土砂災害の脅威。そこから私たちは、どのように身を守ればよいのでしょうか?天達気象予報士は3つのポイントを挙げました。天達気象予報士:まず1つ目は、“最新情報をとる”ことが非常に大事です。大雨で災害が起きるときは何かしら情報が気象庁、自治体からも発表されます。このことに皆さんが敏感になっていただきたいところです。特に災害が多いのが7月8月9月であり、これから3カ月くらいは気象庁からの警報、自治体からの避難情報、これらに敏感になることが大事であると思います天達気象予報士:2つ目は、“異変を感じる”ということです。これはもちろん声の掛け合いというのも1つなのですが、自分でもできれば「いつもとは違うな」という異変を感じ取っていただきたいのです。そうするには、日頃からこの身の回りがどういう場所なのか知ることが大事です。その後、例えば雨で土砂災害が起きる際に、崖の近くでは小石がパラパラ落ちてきたりですとか、水が噴き出してくる等の異変、これらは毎日みなさんが状況を見ていれば、その場所特有の異変が出てくるはずなのです天達気象予報士:3つ目は、“必ず谷に横に避難する”ということです。一部手遅れであると言われる場合がありますが、最後の手段で逃げる時に、特に土石流の時は谷に沿って襲ってきます。これはいわゆる山津波と言われているように、津波が山から谷沿いに流れていくので、心理的には上から来るものに対して、下に逃げるのですがそれでは間に合いません。道がなかったらとにかく横に逃げる、隣の家があっても横に避難する。そうすれば谷の大きさにもよりますが、この数十メートルの幅の場合が多いですから、急いで逃げれば間に合う場合もあります異変を感じとった人から声を出し、早いうちから避難を行動に移すこと。命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
雨が降り続き気づけないうちに高まっていく土砂災害の脅威。そこから私たちは、どのように身を守ればよいのでしょうか?天達気象予報士は3つのポイントを挙げました。天達気象予報士:まず1つ目は、“最新情報をとる”ことが非常に大事です。大雨で災害が起きるときは何かしら情報が気象庁、自治体からも発表されます。このことに皆さんが敏感になっていただきたいところです。特に災害が多いのが7月8月9月であり、これから3カ月くらいは気象庁からの警報、自治体からの避難情報、これらに敏感になることが大事であると思います天達気象予報士:2つ目は、“異変を感じる”ということです。これはもちろん声の掛け合いというのも1つなのですが、自分でもできれば「いつもとは違うな」という異変を感じ取っていただきたいのです。そうするには、日頃からこの身の回りがどういう場所なのか知ることが大事です。その後、例えば雨で土砂災害が起きる際に、崖の近くでは小石がパラパラ落ちてきたりですとか、水が噴き出してくる等の異変、これらは毎日みなさんが状況を見ていれば、その場所特有の異変が出てくるはずなのです天達気象予報士:3つ目は、“必ず谷に横に避難する”ということです。一部手遅れであると言われる場合がありますが、最後の手段で逃げる時に、特に土石流の時は谷に沿って襲ってきます。これはいわゆる山津波と言われているように、津波が山から谷沿いに流れていくので、心理的には上から来るものに対して、下に逃げるのですがそれでは間に合いません。道がなかったらとにかく横に逃げる、隣の家があっても横に避難する。そうすれば谷の大きさにもよりますが、この数十メートルの幅の場合が多いですから、急いで逃げれば間に合う場合もあります異変を感じとった人から声を出し、早いうちから避難を行動に移すこと。命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
天達気象予報士は3つのポイントを挙げました。天達気象予報士:まず1つ目は、“最新情報をとる”ことが非常に大事です。大雨で災害が起きるときは何かしら情報が気象庁、自治体からも発表されます。このことに皆さんが敏感になっていただきたいところです。特に災害が多いのが7月8月9月であり、これから3カ月くらいは気象庁からの警報、自治体からの避難情報、これらに敏感になることが大事であると思います天達気象予報士:2つ目は、“異変を感じる”ということです。これはもちろん声の掛け合いというのも1つなのですが、自分でもできれば「いつもとは違うな」という異変を感じ取っていただきたいのです。そうするには、日頃からこの身の回りがどういう場所なのか知ることが大事です。その後、例えば雨で土砂災害が起きる際に、崖の近くでは小石がパラパラ落ちてきたりですとか、水が噴き出してくる等の異変、これらは毎日みなさんが状況を見ていれば、その場所特有の異変が出てくるはずなのです天達気象予報士:3つ目は、“必ず谷に横に避難する”ということです。一部手遅れであると言われる場合がありますが、最後の手段で逃げる時に、特に土石流の時は谷に沿って襲ってきます。これはいわゆる山津波と言われているように、津波が山から谷沿いに流れていくので、心理的には上から来るものに対して、下に逃げるのですがそれでは間に合いません。道がなかったらとにかく横に逃げる、隣の家があっても横に避難する。そうすれば谷の大きさにもよりますが、この数十メートルの幅の場合が多いですから、急いで逃げれば間に合う場合もあります異変を感じとった人から声を出し、早いうちから避難を行動に移すこと。命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
天達気象予報士:まず1つ目は、“最新情報をとる”ことが非常に大事です。大雨で災害が起きるときは何かしら情報が気象庁、自治体からも発表されます。このことに皆さんが敏感になっていただきたいところです。特に災害が多いのが7月8月9月であり、これから3カ月くらいは気象庁からの警報、自治体からの避難情報、これらに敏感になることが大事であると思います天達気象予報士:2つ目は、“異変を感じる”ということです。これはもちろん声の掛け合いというのも1つなのですが、自分でもできれば「いつもとは違うな」という異変を感じ取っていただきたいのです。そうするには、日頃からこの身の回りがどういう場所なのか知ることが大事です。その後、例えば雨で土砂災害が起きる際に、崖の近くでは小石がパラパラ落ちてきたりですとか、水が噴き出してくる等の異変、これらは毎日みなさんが状況を見ていれば、その場所特有の異変が出てくるはずなのです天達気象予報士:3つ目は、“必ず谷に横に避難する”ということです。一部手遅れであると言われる場合がありますが、最後の手段で逃げる時に、特に土石流の時は谷に沿って襲ってきます。これはいわゆる山津波と言われているように、津波が山から谷沿いに流れていくので、心理的には上から来るものに対して、下に逃げるのですがそれでは間に合いません。道がなかったらとにかく横に逃げる、隣の家があっても横に避難する。そうすれば谷の大きさにもよりますが、この数十メートルの幅の場合が多いですから、急いで逃げれば間に合う場合もあります異変を感じとった人から声を出し、早いうちから避難を行動に移すこと。命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
天達気象予報士:2つ目は、“異変を感じる”ということです。これはもちろん声の掛け合いというのも1つなのですが、自分でもできれば「いつもとは違うな」という異変を感じ取っていただきたいのです。そうするには、日頃からこの身の回りがどういう場所なのか知ることが大事です。その後、例えば雨で土砂災害が起きる際に、崖の近くでは小石がパラパラ落ちてきたりですとか、水が噴き出してくる等の異変、これらは毎日みなさんが状況を見ていれば、その場所特有の異変が出てくるはずなのです天達気象予報士:3つ目は、“必ず谷に横に避難する”ということです。一部手遅れであると言われる場合がありますが、最後の手段で逃げる時に、特に土石流の時は谷に沿って襲ってきます。これはいわゆる山津波と言われているように、津波が山から谷沿いに流れていくので、心理的には上から来るものに対して、下に逃げるのですがそれでは間に合いません。道がなかったらとにかく横に逃げる、隣の家があっても横に避難する。そうすれば谷の大きさにもよりますが、この数十メートルの幅の場合が多いですから、急いで逃げれば間に合う場合もあります異変を感じとった人から声を出し、早いうちから避難を行動に移すこと。命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
天達気象予報士:3つ目は、“必ず谷に横に避難する”ということです。一部手遅れであると言われる場合がありますが、最後の手段で逃げる時に、特に土石流の時は谷に沿って襲ってきます。これはいわゆる山津波と言われているように、津波が山から谷沿いに流れていくので、心理的には上から来るものに対して、下に逃げるのですがそれでは間に合いません。道がなかったらとにかく横に逃げる、隣の家があっても横に避難する。そうすれば谷の大きさにもよりますが、この数十メートルの幅の場合が多いですから、急いで逃げれば間に合う場合もあります異変を感じとった人から声を出し、早いうちから避難を行動に移すこと。命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
異変を感じとった人から声を出し、早いうちから避難を行動に移すこと。命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
命を守る行動が必要な瞬間は突然やってきます。そのときのためにいま考えておく必要がありそうです。(「めざまし8」7月9日放送)
(「めざまし8」7月9日放送)