「ご飯のおかわり無料」にならず激怒 62歳男、飲食店と揉め仲裁に入った男性客を殴打

北海道札幌市豊平区の飲食店で、客の男性を殴ったとして62歳無職の男が逮捕されたことが判明。その動機に驚きが広がっている。
男は6日、札幌市豊平区の飲食店で食事後、会計の際に突然店員とトラブルに発展。その様子を見た30代の男性客が止めに入ると、激怒した男は男性の顔を何度も殴る。その後、通報を受けた警察官が駆けつけ、暴行の疑いで逮捕した。
>>44歳男、ホテルの朝食バイキングに忍び込み飲食し逮捕 支配人に声を掛けられ逃走<< 警察によると、男は会計時「ご飯のおかわり」が無料だと思っていたにもかかわらず料金を請求されたことに立腹し、店とトラブルになったのだという。取り調べに対し、男は「振りほどいただけで、殴っていない」などと話し、容疑を否認しているという。警察は今後、防犯カメラを確認するなどして容疑を裏付けていく方針だ。 なんとも「小さい」理由の犯罪に、「自分の確認ミスを棚に上げて店のせいにして逆ギレなんてダサすぎるよ。素直にお金を支払えよ」「無職だから、異常にこだわったんじゃないの? 他の客が止めに入るほど揉めるってかなり異常だよ」「おかわり無料を良いことにかなり食べたのではないか。頭が悪すぎる」と怒りや呆れの声が上がる。 また、「振りほどいただけ」と否認をしていることについても、「手が顔に当たれば一緒だし、何度もやったんでしょ? そうやって何にでも言い訳をして生きてきたんだろうね」「加齢とともに余計に人の話を聞き入れなくなる。こういう人間の取り扱いってとても困るよね」などと言う指摘も。