パブ常連男の靴に被害者の血痕 きょう殺人罪で起訴へ

宮本浩志容疑者(知人提供)
大阪市北区のカラオケパブ「ごまちゃん」で経営者稲田真優子さん(25)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された常連客の会社員宮本浩志容疑者(56)=兵庫県西宮市=が事件当日に履いていたとみられる靴に血痕が付着し、DNA型鑑定の結果、稲田さんと一致したことが9日、捜査関係者への取材で分かった。大阪地検は同日、殺人罪で宮本容疑者を起訴するとみられる。
宮本容疑者は6月11日午後9~10時、店内で稲田さんの首を刃物で刺すなどして殺害した疑いが持たれている。否認している。
防犯カメラの映像などから、宮本容疑者は事件の夜、退店した後にビル内に潜んでいた可能性が高い。