駐車場で暴行され25歳会社員死亡 大阪府警が強盗殺人容疑で捜査

10日午前2時20分ごろ、大阪府門真市末広町の駐車場で、近くの住民から「蹴られて倒れている人がいる」と府警門真署に通報があった。警察官が駆け付けると、会社員の西田智裕さん(25)=大阪府大東市=が倒れており、搬送先の病院で約12時間後に死亡した。付近の防犯カメラには、暴行後に西田さんのリュックサックを持ち去った男の姿が映っており、府警は強盗殺人の疑いで捜査を始めた。
生活保護費でホテル971泊 チェック体制に疑問
門真署によると、男は黒っぽい服装でがっちりした体形。防犯カメラには、いったん現場を離れた男が約5分後に戻り、倒れていた西田さんのそばにリュックを投げる様子が映っていた。
西田さんは当初、「近くで酒を飲んでいた」と警察官に話しており、酔った状態だった。通報した住民は西田さんが男と言い争い、殴られたり蹴られたりする様子を目撃。府警は何らかのトラブルがあったとみて男の行方を捜している。現場は京阪古川橋駅から南西約200メートルの住宅街。【木島諒子、郡悠介】