西村氏、飲食店への「働きかけ」発言を謝罪 「不安を与え反省」

西村康稔経済再生担当相は10日、新型コロナウイルス対策に従わない飲食店に対して金融機関からの働きかけを求めた自らの発言について、「ご迷惑をおかけした。飲食店の皆さまに不安を与え、本当に反省している」と謝罪した。神戸市であった兵庫県知事選の応援演説で「何とかコロナを抑えたい。真面目に対応している皆さんに何とか報いたい思いだ」とも釈明した。
西村氏「働きかけ」発言に批判集中
西村氏は8日の記者会見で、酒類提供停止などの要請に応じない飲食店に対し、取引金融機関から順守を働きかけてもらう考えを表明。9日午前にも「要請を守っている店との不公平感の解消が必要だ」として実施の意向を改めて示したが、野党などから批判が集中し、同日午後に方針を撤回した。【宮本翔平】