「事務処理能力落ち、仕事つらかった」とテスト放置の教諭処分…保護者からの連絡で発覚

広島県教委は9日、児童約130人のテスト約1800枚や、工作物など約150点の返却を怠るなどしたとして、三原市立田野浦小の女性教諭(53)を減給10分の1(1か月)の懲戒処分にした。
発表では、女性教諭は2016~20年度に担任を務めた1~3年の児童に対し、実施したテストを採点しないまま放置したり、廃棄したりした。夏休みの工作物なども返却しなかった。
4月に保護者からの連絡で発覚。県教委の調査に女性教諭は「自分の事務処理能力が落ち、仕事がつらかった」と話したという。