かつての「洗剤の川」も近年はアユが遡上する川に変貌 国交省が18の「水質が最も良好な河川」を発表

国土交通省は毎年7月の「河川愛護月間」に合わせ、全国一級河川の水質調査結果(2020年)を、2021年7月1日に発表した。「水質が最も良好な河川」に選ばれたのは、対象となる全国159河川のうち18河川だった。
国交省が発表した18の河川は、都道府県別では北海道が後志利別川など3河川、富山県が黒部川など3河川で、最も多かった。続いて静岡県が安倍川など2河川、鳥取県が天神川など2河川、高知県が四万十川など2河川、宮崎県が小丸川など2河川で並んだ。
複数の河川が選ばれたこれらの道県だけで14河川を占め、「水質が最も良好な河川」が一定の地方に偏在していることがわかる。首都圏や京阪神に該当する河川はなかった。
18河川は、以下のとおり。
この中で、静岡県の狩野川は今回初めて選ばれた。伊豆半島の天城山を水源とし、同県沼津市から駿河湾に注ぐ河川だ。
このほか、福島県の荒川は2010年から11年連続、熊本県の川辺川は06年から15年連続で選ばれた。10年以上連続はこの2河川だけで、いわば「水質が最も良好な河川」の常連だ。
国交省の水質調査は、水質汚濁物質の指標となる「BOD(生物化学的酸素要求量)」などが主な審査の対象となる。一般にBODの数値が大きいと、水中に存在する有機物の量が多いことを意味し、有機物による水質汚濁の程度が大きいことになる。清流などの場合は、水中の有機物の量が少ないため、BODの値は小さくなる。国交省が定める「水質が最も良好な河川」は、全国159河川の各調査地点のBODの年間平均値が環境省の定めるBODの報告下限値(1リットル当たり0.5ミリグラム、mg/L)となるなど、一定の基準を満たしたものだ。国交省によると、公害問題が深刻だった1971年当時、一級河川のBODの平均値は5.0mg/Lを超え、「水質改善が急務だった地点は一級河川の全調査地点の27%を占めた」という。その後、下水道の整備や排水規制、河川浄化事業の推進で一級河川の水質改善は進み、生活環境の保全に関する環境基準を満たした地点の割合は98%(2020年、全888 地点中868地点)と、高い割合を維持しているという。1970年代に水質汚染が進み、洗剤の浮く河川と言われた東京の多摩川も80年代にはアユの遡上が確認され、近年は毎年アユが大量に遡上する河川となっている。(ジャーナリスト 白井俊郎)
清流などの場合は、水中の有機物の量が少ないため、BODの値は小さくなる。国交省が定める「水質が最も良好な河川」は、全国159河川の各調査地点のBODの年間平均値が環境省の定めるBODの報告下限値(1リットル当たり0.5ミリグラム、mg/L)となるなど、一定の基準を満たしたものだ。国交省によると、公害問題が深刻だった1971年当時、一級河川のBODの平均値は5.0mg/Lを超え、「水質改善が急務だった地点は一級河川の全調査地点の27%を占めた」という。その後、下水道の整備や排水規制、河川浄化事業の推進で一級河川の水質改善は進み、生活環境の保全に関する環境基準を満たした地点の割合は98%(2020年、全888 地点中868地点)と、高い割合を維持しているという。1970年代に水質汚染が進み、洗剤の浮く河川と言われた東京の多摩川も80年代にはアユの遡上が確認され、近年は毎年アユが大量に遡上する河川となっている。(ジャーナリスト 白井俊郎)
国交省が定める「水質が最も良好な河川」は、全国159河川の各調査地点のBODの年間平均値が環境省の定めるBODの報告下限値(1リットル当たり0.5ミリグラム、mg/L)となるなど、一定の基準を満たしたものだ。国交省によると、公害問題が深刻だった1971年当時、一級河川のBODの平均値は5.0mg/Lを超え、「水質改善が急務だった地点は一級河川の全調査地点の27%を占めた」という。その後、下水道の整備や排水規制、河川浄化事業の推進で一級河川の水質改善は進み、生活環境の保全に関する環境基準を満たした地点の割合は98%(2020年、全888 地点中868地点)と、高い割合を維持しているという。1970年代に水質汚染が進み、洗剤の浮く河川と言われた東京の多摩川も80年代にはアユの遡上が確認され、近年は毎年アユが大量に遡上する河川となっている。(ジャーナリスト 白井俊郎)
国交省によると、公害問題が深刻だった1971年当時、一級河川のBODの平均値は5.0mg/Lを超え、「水質改善が急務だった地点は一級河川の全調査地点の27%を占めた」という。その後、下水道の整備や排水規制、河川浄化事業の推進で一級河川の水質改善は進み、生活環境の保全に関する環境基準を満たした地点の割合は98%(2020年、全888 地点中868地点)と、高い割合を維持しているという。1970年代に水質汚染が進み、洗剤の浮く河川と言われた東京の多摩川も80年代にはアユの遡上が確認され、近年は毎年アユが大量に遡上する河川となっている。(ジャーナリスト 白井俊郎)
その後、下水道の整備や排水規制、河川浄化事業の推進で一級河川の水質改善は進み、生活環境の保全に関する環境基準を満たした地点の割合は98%(2020年、全888 地点中868地点)と、高い割合を維持しているという。1970年代に水質汚染が進み、洗剤の浮く河川と言われた東京の多摩川も80年代にはアユの遡上が確認され、近年は毎年アユが大量に遡上する河川となっている。(ジャーナリスト 白井俊郎)
1970年代に水質汚染が進み、洗剤の浮く河川と言われた東京の多摩川も80年代にはアユの遡上が確認され、近年は毎年アユが大量に遡上する河川となっている。(ジャーナリスト 白井俊郎)
(ジャーナリスト 白井俊郎)