ホテルで男性刺殺、弟子の女を逮捕…現場にボウガンや複数の矢「殺す思いでやった」

京都市伏見区のホテルで9日に男性が刺されて死亡した事件で、京都府警は10日、京都府大山崎町、アルバイト佐藤千晴容疑者(31)を殺人容疑で逮捕した。
佐藤容疑者は「殺してやるという思いでやった」と容疑を認めているという。
発表では、佐藤容疑者は9日午前9時55分~午後5時半頃、伏見区羽束師菱川町のホテルの室内で、京都市東山区、自営業古川剛さん(37)の背中を刃物のようなもので刺すなどして殺害した疑い。
古川さんの体には刺し傷や切り傷など複数の傷があった。また、現場では凶器とみられる刃物のほか、使用した形跡があるボウガンや複数の矢が残されていたという。
府警によると、2人は交際関係にあるとみられ、佐藤容疑者が「人を刺した」とホテルの従業員に申告し、従業員が9日午後5時30分頃に110番。駆けつけた警察官が佐藤容疑者の身柄を確保していた。
佐藤容疑者の家族によると、2人はいずれも陶芸を仕事にし、佐藤容疑者は古川さんの弟子だったという。府警は2人の間にトラブルがあったとみて調べる。