九州に大雨特別警報 気象庁と国交省が会見「土砂災害にも最大級の警戒を」

気象庁と国土交通省は10日午前11時から合同で記者会見を開き、「警戒レベルに従って身の安全を確保を」と呼びかけた。

【映像】九州に「大雨特別警報」 鹿児島県湧水町に緊急安全確保呼びかけ
気象庁は午前7時半過ぎ、鹿児島県では線状降水帯による非常に激しい雨が同じ場所で降り続いているとして「顕著な大雨に関する情報」を発表した。土砂災害や洪水による災害発生の危険度が急激に高まっている。
気象庁は会見で、警戒レベル4相当が発令されている川内川で「氾濫の危険が高まっている。河川の詳細な情報に留意し、厳重に警戒してほしい」とコメント。また「これまでの大雨により地盤が緩んでいる場所がある。土砂災害にも最大級の警戒をしてほしい」と浸水や土砂災害にも注意を呼びかけた。
国交省は、鹿児島県薩摩郡さつま町、川内川本流中流部にあるダムに関して「上流で氾濫の危険があり、鶴田ダムで緊急放流の可能がある。推移を見て本日11時30分に判断する」と言及。近隣住民に向けて「放流後はダム下流の水位が徐々に上がっていく。急に水位が上がっていくことはないが、避難されていればそれを継続、避難できる状況であれば避難を検討してほしい」と語った。
気象庁は「警戒レベルが下がっても危険がある。雨が弱まっているからと家に帰ることがないように、市町村が発表する避難情報に従って行動をしてください」と訴えた。
(ABEMA NEWS)