「多くの励ましに涙、涙」…援交防止呼びかけて凍結の県警ツイッターが閲覧可能に

凍結されていた岡山県警の公式ツイッターアカウントが、9日午前、解除され閲覧が可能になった。
県警によると、6日夕、子どもの性犯罪被害防止を呼びかけるため、「援助交際」などの言葉を使いツイートした直後、凍結された。
ツイッター社は読売新聞の取材に、「一般的に児童の性的搾取や、スパム行為防止のポリシーに違反して強制的措置を取られる場合がある」とコメントした。
県警は凍結解除後、「多くの励ましをいただき、スタッフ一同、涙、涙。改めて勇気とやる気をいただきました」と喜びのツイートを投稿した。