「夫が手料理を食べなくなりました」専業主婦の悲しみに意見相次ぐ 「うちの旦那も食べない」「夫の気持ちもわかる」という声も

主婦として毎日料理を作るのは大変だが、「もうずっとコンビニ飯でいい」と言われたら、それはそれで複雑な心境になる。 ガールズちゃんねるに7月上旬、「夫が手料理を食べなくなりました。」という寂しげなタイトルのトピックが立った。トピ主は遠方に嫁いだため求職中だという、新婚一年目の専業主婦。
「夫が『手料理がしんどいので夕食は作らなくていいよ』と言ってきました。まずいというより、手の込んだ物、品数などが重いようです」
以前にも同じやりとりがあり、改善したつもりがダメだったようだ。夕食作りの手間がなくなり、「ラッキー」くらいに思っていたが、実際に目の前でコンビニご飯を食べられると「これまでの自分が否定されたようで」落ち込んでしまうという。(文:篠原みつき)
意外と多い「うちの旦那も食べない」という声
この投稿に対し、「ひどいね」「1年目でそれは寂しいね」など同情のほか、「本当は美味しくないのでは」という指摘も寄せられた。「しんどいって何についてしんどいんだろう」など、「まずい」以外に具体的に何が辛いのか理解できない人が多く、不可解で思いやりのない夫に批判的な意見が相次いだ。
しかし、「手料理を食べない夫」は、意外と一定数いるようだ。「うちの旦那もそう。手料理でしかも品数多いと残さず食べなきゃって言うプレッシャーがしんどいみたい」「うちの夫も同じで傷ついたよ。ちなみに料理は下手じゃないです。(中略)麺の気分とかなんとか……わがまますぎる。子どもと自分の分作って、夫は気に入ったもんだけ食べます」また、「夫は味噌汁とサラダだけあれば満足」という声も複数あった。主な理由は、「自分が好きなものを気楽に食べたい」ということらしい。もともと食が細い、子どもの頃から簡素な夕食に慣れている、逆に品数が多い食事を「残さず食べろ」と厳しくしつけられてきた人に見られる傾向のようだ。トピ主の夫も「手作り」が却ってプレッシャーなのかもしれない。「蕎麦が食べたい日に無理やりカツカレーを飲み込む日もある」他方、「夫の気持ちがわかる」と夫に理解を示す声も少なくない。現在は共働きだが独身時代が長く、自分の好きなものを好きな量で、自分のタイミングで食べていたという人に多かった。「私は食に興味ないし食べられなくて痩せていて、決まった時間に食べることが本当は苦手(中略)週末や旅行の日は旦那に合わせて無理して食べていて辛い」「サッパリとお蕎麦が食べたい日に張り切ってカツカレーとか用意されてると本当にツライ。夫には申し訳ないのだけど吐き気を堪えながら無理やり飲み込む日もある」こう書いた人は、「妻への愛情とは全く別物なのだと思う」と説いていた。長く続けた食習慣や好みと、伴侶への気持ちは別ということだ。とはいえ、料理が嫌いな人は別として、専業主婦は手料理で自分の存在意義を感じることもあるだろう。筆者も主婦の立場なので、たまには楽をしたいと思っても、栄養バランスや食材費を考えると結局は手料理という結論になる。料理好きなら、作るからにはなるべく喜んでもらいたくて頑張るものだ。そうしたやりがいのようなものを、トピ主の夫は奪っているとも言える。だが、今回の件で一つ言えそうなのは、トピ主の夫を含め、こうした人達はいずれにしても「手料理のために結婚したのではない」ということだ。トピ主は早く働いて、「夕飯のしたくを気にしない」ことを、ラッキーだと割り切ったほうが気持ちも楽だろう。
「うちの旦那もそう。手料理でしかも品数多いと残さず食べなきゃって言うプレッシャーがしんどいみたい」「うちの夫も同じで傷ついたよ。ちなみに料理は下手じゃないです。(中略)麺の気分とかなんとか……わがまますぎる。子どもと自分の分作って、夫は気に入ったもんだけ食べます」
また、「夫は味噌汁とサラダだけあれば満足」という声も複数あった。主な理由は、「自分が好きなものを気楽に食べたい」ということらしい。もともと食が細い、子どもの頃から簡素な夕食に慣れている、逆に品数が多い食事を「残さず食べろ」と厳しくしつけられてきた人に見られる傾向のようだ。トピ主の夫も「手作り」が却ってプレッシャーなのかもしれない。「蕎麦が食べたい日に無理やりカツカレーを飲み込む日もある」他方、「夫の気持ちがわかる」と夫に理解を示す声も少なくない。現在は共働きだが独身時代が長く、自分の好きなものを好きな量で、自分のタイミングで食べていたという人に多かった。「私は食に興味ないし食べられなくて痩せていて、決まった時間に食べることが本当は苦手(中略)週末や旅行の日は旦那に合わせて無理して食べていて辛い」「サッパリとお蕎麦が食べたい日に張り切ってカツカレーとか用意されてると本当にツライ。夫には申し訳ないのだけど吐き気を堪えながら無理やり飲み込む日もある」こう書いた人は、「妻への愛情とは全く別物なのだと思う」と説いていた。長く続けた食習慣や好みと、伴侶への気持ちは別ということだ。とはいえ、料理が嫌いな人は別として、専業主婦は手料理で自分の存在意義を感じることもあるだろう。筆者も主婦の立場なので、たまには楽をしたいと思っても、栄養バランスや食材費を考えると結局は手料理という結論になる。料理好きなら、作るからにはなるべく喜んでもらいたくて頑張るものだ。そうしたやりがいのようなものを、トピ主の夫は奪っているとも言える。だが、今回の件で一つ言えそうなのは、トピ主の夫を含め、こうした人達はいずれにしても「手料理のために結婚したのではない」ということだ。トピ主は早く働いて、「夕飯のしたくを気にしない」ことを、ラッキーだと割り切ったほうが気持ちも楽だろう。
「蕎麦が食べたい日に無理やりカツカレーを飲み込む日もある」他方、「夫の気持ちがわかる」と夫に理解を示す声も少なくない。現在は共働きだが独身時代が長く、自分の好きなものを好きな量で、自分のタイミングで食べていたという人に多かった。「私は食に興味ないし食べられなくて痩せていて、決まった時間に食べることが本当は苦手(中略)週末や旅行の日は旦那に合わせて無理して食べていて辛い」「サッパリとお蕎麦が食べたい日に張り切ってカツカレーとか用意されてると本当にツライ。夫には申し訳ないのだけど吐き気を堪えながら無理やり飲み込む日もある」こう書いた人は、「妻への愛情とは全く別物なのだと思う」と説いていた。長く続けた食習慣や好みと、伴侶への気持ちは別ということだ。とはいえ、料理が嫌いな人は別として、専業主婦は手料理で自分の存在意義を感じることもあるだろう。筆者も主婦の立場なので、たまには楽をしたいと思っても、栄養バランスや食材費を考えると結局は手料理という結論になる。料理好きなら、作るからにはなるべく喜んでもらいたくて頑張るものだ。そうしたやりがいのようなものを、トピ主の夫は奪っているとも言える。だが、今回の件で一つ言えそうなのは、トピ主の夫を含め、こうした人達はいずれにしても「手料理のために結婚したのではない」ということだ。トピ主は早く働いて、「夕飯のしたくを気にしない」ことを、ラッキーだと割り切ったほうが気持ちも楽だろう。
他方、「夫の気持ちがわかる」と夫に理解を示す声も少なくない。現在は共働きだが独身時代が長く、自分の好きなものを好きな量で、自分のタイミングで食べていたという人に多かった。「私は食に興味ないし食べられなくて痩せていて、決まった時間に食べることが本当は苦手(中略)週末や旅行の日は旦那に合わせて無理して食べていて辛い」「サッパリとお蕎麦が食べたい日に張り切ってカツカレーとか用意されてると本当にツライ。夫には申し訳ないのだけど吐き気を堪えながら無理やり飲み込む日もある」こう書いた人は、「妻への愛情とは全く別物なのだと思う」と説いていた。長く続けた食習慣や好みと、伴侶への気持ちは別ということだ。とはいえ、料理が嫌いな人は別として、専業主婦は手料理で自分の存在意義を感じることもあるだろう。筆者も主婦の立場なので、たまには楽をしたいと思っても、栄養バランスや食材費を考えると結局は手料理という結論になる。料理好きなら、作るからにはなるべく喜んでもらいたくて頑張るものだ。そうしたやりがいのようなものを、トピ主の夫は奪っているとも言える。だが、今回の件で一つ言えそうなのは、トピ主の夫を含め、こうした人達はいずれにしても「手料理のために結婚したのではない」ということだ。トピ主は早く働いて、「夕飯のしたくを気にしない」ことを、ラッキーだと割り切ったほうが気持ちも楽だろう。
「私は食に興味ないし食べられなくて痩せていて、決まった時間に食べることが本当は苦手(中略)週末や旅行の日は旦那に合わせて無理して食べていて辛い」「サッパリとお蕎麦が食べたい日に張り切ってカツカレーとか用意されてると本当にツライ。夫には申し訳ないのだけど吐き気を堪えながら無理やり飲み込む日もある」
こう書いた人は、「妻への愛情とは全く別物なのだと思う」と説いていた。長く続けた食習慣や好みと、伴侶への気持ちは別ということだ。とはいえ、料理が嫌いな人は別として、専業主婦は手料理で自分の存在意義を感じることもあるだろう。筆者も主婦の立場なので、たまには楽をしたいと思っても、栄養バランスや食材費を考えると結局は手料理という結論になる。料理好きなら、作るからにはなるべく喜んでもらいたくて頑張るものだ。そうしたやりがいのようなものを、トピ主の夫は奪っているとも言える。だが、今回の件で一つ言えそうなのは、トピ主の夫を含め、こうした人達はいずれにしても「手料理のために結婚したのではない」ということだ。トピ主は早く働いて、「夕飯のしたくを気にしない」ことを、ラッキーだと割り切ったほうが気持ちも楽だろう。
とはいえ、料理が嫌いな人は別として、専業主婦は手料理で自分の存在意義を感じることもあるだろう。筆者も主婦の立場なので、たまには楽をしたいと思っても、栄養バランスや食材費を考えると結局は手料理という結論になる。料理好きなら、作るからにはなるべく喜んでもらいたくて頑張るものだ。そうしたやりがいのようなものを、トピ主の夫は奪っているとも言える。だが、今回の件で一つ言えそうなのは、トピ主の夫を含め、こうした人達はいずれにしても「手料理のために結婚したのではない」ということだ。トピ主は早く働いて、「夕飯のしたくを気にしない」ことを、ラッキーだと割り切ったほうが気持ちも楽だろう。
だが、今回の件で一つ言えそうなのは、トピ主の夫を含め、こうした人達はいずれにしても「手料理のために結婚したのではない」ということだ。トピ主は早く働いて、「夕飯のしたくを気にしない」ことを、ラッキーだと割り切ったほうが気持ちも楽だろう。