取引停止要請に抗議=飲食店への酒販売で―業界団体

飲食店などに酒類を販売する酒屋の業界団体である全国小売酒販組合中央会は9日、政府から酒類提供停止の要請に従わない飲食店と取引しないよう求められたことを受け、西村康稔経済再生担当相らに抗議した。
抗議文では「財政支援が担保されないまま、(政府が)一方的に協力を求めることは承服できない」と見直しを求めている。
同中央会は「得意先からの注文を拒否することは、長年にわたり培ってきた顧客との信頼関係を損ねる」と指摘。補償もない状態で取引をやめることは「常識から言っても困難だ」としている。