西村氏、五輪経済効果「全く期待していない」

西村康稔経済再生担当相は9日夜のBSフジ番組で、東京五輪が首都圏の会場で無観客開催となったことについて「4千万人のインバウンド(訪日外国人客)、8兆円の消費を期待したが、もうまったく考えていない。今回は国民の命を守ることを最優先に、全く経済効果は期待していない」と述べた。
西村氏はまた、無観客開催となっても会場入りする大会関係者について「専門家も提言しているが、テレビに映る姿を見て国民に与える印象がすごく大事だ。緊急事態宣言で自粛をお願いする中で誤ったメッセージにならないようにといわれている」と指摘。その上で大会組織委員会の橋本聖子会長と丸川珠代五輪相が適切に対応するとの考えを示した。