シャンプー中に女性の胸をお触り…24歳エロ美容師の手口と余罪

美容師の男は偶然を装い、女性客の胸をタッチしまくっていた。
ピンサロ摘発相次ぐ…日本固有の性文化は五輪と共に去りぬ
埼玉県草加市の美容室でシャンプー中、30代の女性客の体を触ったとして、美容師の小林詠二容疑者(24)が8日、準強制わいせつの疑いで草加署に逮捕された。
小林容疑者は5月30日、勤務先の美容室でシャンプーをする際、女性客の顔にフェースガーゼをかけた。女性があおむけの体勢で身動きできないのをいいことに、小林容疑者は髪の毛を洗いながら、腕などをさりげなく女性の胸にツンツン当てた。小林容疑者がその女性を担当するのは初めてで、店内には他のスタッフもいた。
調べに対し、「やっていません」と容疑を否認しているというが、この店舗では他にも同様の被害が複数あり、警察は余罪についても調べている。
この美容室を運営する会社は埼玉や東京を中心に14店舗を展開していて、従業員は100人。入社5年目の小林容疑者は今年4月、池袋西口店から草加店に異動したばかりだった。
運営会社の担当者がこう言う。
「店には他のお客さんからも<シャンプー中、スタッフに触られた>という訴えがあり、謝罪を含め、すぐに対応させていただきました。小林本人にも確認したのですが<やってません>と認めなかったので、警察に任せるしかありませんでした。お客さまから連絡があった時点から、小林は店に出ていません。他のスタッフに聞いたところ特におかしな様子はなく、誰も気付きませんでした」