一緒に酒飲んでいた知人男性を「殴る蹴る」で殺害、リュックから4万円奪う

知人男性を殴るなどして殺害し、金を奪ったとして、大阪府警門真署は11日、大東市御領の自営業森崎勇星容疑者(25)を強盗殺人容疑で逮捕した。
発表では、森崎容疑者は10日午前2時15分頃、門真市末広町の駐車場で、大東市大野の会社員西田智裕さん(25)を殴ったり蹴ったりしてけがをさせて死亡させ、リュックの中の財布から現金4万円を奪った疑い。森崎容疑者は「暴力をふるったことで(西田さんが)死んだことは間違いない。殺すつもりはなかった」と供述しているという。
2人は友人同士で、事件直前、近くの店で一緒に酒を飲んでおり、トラブルになったという。同署が詳しい経緯を調べている。