死亡した男性の頭には複数のボウガンの矢 容疑者の女「殺してやるという思いで」

京都市のホテルで、男性を殺害した疑いで31歳の女が逮捕された。男性の頭にはボウガンの矢が複数刺さっていた。

・【映像】頭にボウガンの矢 交際男性を殺害か
京都府大山崎町のアルバイト・佐藤千晴容疑者(31)は9日、ホテルの一室で京都市東山区の自営業・古川剛さん(37)の背中を刃物のようなもので刺すなどして殺害した疑いが持たれている。佐藤容疑者自らがホテルのフロントに「男性を包丁で刺した」と伝えてきた。
司法解剖の結果、古川さんの死因は出血性ショックなどで、頭にはボウガンの矢が複数刺さっていた。警察の調べに対し佐藤容疑者は「殺してやるという思いでこのようなことをしました」と容疑を認めているという。