眞子さま 小室家養子入り報道に宮内庁激怒「紀子さまが不憫」「看過できない」

国民的関心事となって久しい秋篠宮眞子さま(29)と小室圭さん(29)の結婚問題がどうにも先に進まない。
小室さんは4月、A4用紙28枚から成る文書を公表。元婚約者男性との間に横たわる金銭問題について説明したが、国民の理解を得るには至らなかった。すると今度は実母・佳代さんが「週刊文春WOMAN」の取材に応じ、一連のバッシングに「いつ死んでもいいと思うこともありました」と吐露。しかしこちらも逆効果で、さらなる炎上を招く結果となっている。
これでは秋篠宮殿下が繰り返す「国民の理解」を得るには程遠い。そんななか、一部女性週刊誌で飛び出したのが、眞子さまの皇籍離脱、小室家への養子入り報道だった。
要約すると、現在話し合われている女性宮家の議論によっては皇族の養子入りが認められる可能性があり、そうなった場合、眞子さまが小室さんと結婚するために皇室を離脱し、その上で小室家に養子として入れば、小室さんとひとつ屋根の下で暮らせるというものだ。
しかも眞子さまは佳代さんを慕っているという。これについては、別の週刊誌で眞子さまが女手一つで小室さんを育て上げた佳代さんを「尊敬している」といった記事が掲載されている。 眞子さまが家を捨て、愛する小室さんと心酔する佳代さんの元に走る――。このシナリオに宮内庁関係者は怒りの声を上げる。「ありえない。何より、そう書かれたことで、紀子さまが不憫でならない」 眞子さまの母・紀子さまは小室家の金銭トラブルが発覚するや、結婚に慎重な姿勢を取った。これが原因で親子関係がギクシャクした時期もあった。「紀子さまは民間から皇室に嫁いだので、小室家の危うさにピンと来たのだと思います。それで眞子さまと衝突したのですが、現在は以前に比べて親子関係は改善しつつあると聞いています。親の心子知らずで、誰よりも眞子さまの将来を案じているのは紀子さまなのです」とは皇室ライター。 それだけに、養子入り報道は宮内庁内でも「飛躍しすぎ」「看過できない」といった声が相次いでいるという。 結婚問題をめぐる報道は過熱化の一途。それを止められるのは小室さんただ一人なのだが、当の本人は今月末の弁護士試験に全集中している。宮内庁のピリピリムードは当分続きそうだ。
眞子さまが家を捨て、愛する小室さんと心酔する佳代さんの元に走る――。このシナリオに宮内庁関係者は怒りの声を上げる。「ありえない。何より、そう書かれたことで、紀子さまが不憫でならない」 眞子さまの母・紀子さまは小室家の金銭トラブルが発覚するや、結婚に慎重な姿勢を取った。これが原因で親子関係がギクシャクした時期もあった。「紀子さまは民間から皇室に嫁いだので、小室家の危うさにピンと来たのだと思います。それで眞子さまと衝突したのですが、現在は以前に比べて親子関係は改善しつつあると聞いています。親の心子知らずで、誰よりも眞子さまの将来を案じているのは紀子さまなのです」とは皇室ライター。 それだけに、養子入り報道は宮内庁内でも「飛躍しすぎ」「看過できない」といった声が相次いでいるという。 結婚問題をめぐる報道は過熱化の一途。それを止められるのは小室さんただ一人なのだが、当の本人は今月末の弁護士試験に全集中している。宮内庁のピリピリムードは当分続きそうだ。
「ありえない。何より、そう書かれたことで、紀子さまが不憫でならない」 眞子さまの母・紀子さまは小室家の金銭トラブルが発覚するや、結婚に慎重な姿勢を取った。これが原因で親子関係がギクシャクした時期もあった。「紀子さまは民間から皇室に嫁いだので、小室家の危うさにピンと来たのだと思います。それで眞子さまと衝突したのですが、現在は以前に比べて親子関係は改善しつつあると聞いています。親の心子知らずで、誰よりも眞子さまの将来を案じているのは紀子さまなのです」とは皇室ライター。 それだけに、養子入り報道は宮内庁内でも「飛躍しすぎ」「看過できない」といった声が相次いでいるという。 結婚問題をめぐる報道は過熱化の一途。それを止められるのは小室さんただ一人なのだが、当の本人は今月末の弁護士試験に全集中している。宮内庁のピリピリムードは当分続きそうだ。
眞子さまの母・紀子さまは小室家の金銭トラブルが発覚するや、結婚に慎重な姿勢を取った。これが原因で親子関係がギクシャクした時期もあった。「紀子さまは民間から皇室に嫁いだので、小室家の危うさにピンと来たのだと思います。それで眞子さまと衝突したのですが、現在は以前に比べて親子関係は改善しつつあると聞いています。親の心子知らずで、誰よりも眞子さまの将来を案じているのは紀子さまなのです」とは皇室ライター。 それだけに、養子入り報道は宮内庁内でも「飛躍しすぎ」「看過できない」といった声が相次いでいるという。 結婚問題をめぐる報道は過熱化の一途。それを止められるのは小室さんただ一人なのだが、当の本人は今月末の弁護士試験に全集中している。宮内庁のピリピリムードは当分続きそうだ。
「紀子さまは民間から皇室に嫁いだので、小室家の危うさにピンと来たのだと思います。それで眞子さまと衝突したのですが、現在は以前に比べて親子関係は改善しつつあると聞いています。親の心子知らずで、誰よりも眞子さまの将来を案じているのは紀子さまなのです」とは皇室ライター。 それだけに、養子入り報道は宮内庁内でも「飛躍しすぎ」「看過できない」といった声が相次いでいるという。 結婚問題をめぐる報道は過熱化の一途。それを止められるのは小室さんただ一人なのだが、当の本人は今月末の弁護士試験に全集中している。宮内庁のピリピリムードは当分続きそうだ。
それだけに、養子入り報道は宮内庁内でも「飛躍しすぎ」「看過できない」といった声が相次いでいるという。 結婚問題をめぐる報道は過熱化の一途。それを止められるのは小室さんただ一人なのだが、当の本人は今月末の弁護士試験に全集中している。宮内庁のピリピリムードは当分続きそうだ。
結婚問題をめぐる報道は過熱化の一途。それを止められるのは小室さんただ一人なのだが、当の本人は今月末の弁護士試験に全集中している。宮内庁のピリピリムードは当分続きそうだ。