男性に刃物の傷やボーガンの矢、怨恨か 京都府警 ホテルで男性殺害、容疑の女逮捕

知人男性を刃物のようなもので刺すなどして殺害したとして、京都府警は10日、殺人容疑で京都府大山崎町下植野寺門のアルバイト、佐藤千晴容疑者(31)を逮捕した。
「殺してやるという思いでやった」と容疑を認めている。
府警によると、男性の体には複数の刺し傷や切り傷のほか、複数のボーガンの矢が刺さっていた。司法解剖の結果、死因は出血性ショックと両側気胸と判明。現場から、使用した形跡のある刃物とボーガンも見つかっている。
府警は怨恨(えんこん)があったとみて、関係性を詳しく調べ、動機の解明を進めている。
逮捕容疑は9日午前9時55分~午後5時半ごろ、京都市伏見区のホテル室内で同市東山区今熊野日吉町の自営業、古川剛(たけし)さん(37)の背中を刃物のようなもので刺すなどして殺害したとしている。