眞子さまと小室圭さん、年内結婚は消滅か「数年現状維持」の可能性も

婚約内定発表から約4年、一向に進展しない秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの結婚問題。すでに“年内の結婚は消滅した”との見方もある。
【写真13枚】小室佳代さんの金髪&ハイビスカス柄ワンピ姿や、Vネックの眞子さま。小室さんと生前の父とのスキーウエア姿も
「昨年11月に秋篠宮さまが皇嗣となられたことを宣明する『立皇嗣の礼』が行われました。その関連行事である伊勢神宮などへの参拝がコロナ禍によって延期されていたのですが、ここにきてそれらの準備が進んでいると報じられています」(眞子さまの結婚問題を取材しているジャーナリスト・以下同)
『立皇嗣の礼』は皇室にとって重要な行事である。その関連行事である伊勢神宮もまた同様だ。仮にこの秋にそれらの行事が行われたならば、眞子さまの結婚問題が年内に進展する可能性も低くなると言われている。
「11月には秋篠宮さまのお誕生日もあり、さらに『立皇嗣の礼』関連行事が行われるとなれば、宮内庁としてもそちらを優先しなくてはなりません。まだまだ“国民の納得”が得られていない眞子さまのご結婚に向けて、しっかり調整するような状況ではないでしょう。小室さんの帰国のめども立っていないようですし、少なくとも年内に具体的な動きはないのではないかと言われています」
そもそも小室圭さんの母・佳代さんが抱える元婚約者との金銭トラブルも未解決のままだ。『女性セブン』2021年7月22日号では、皇室関係者のコメントとして「今後数年の間、ご結婚は“塩漬け状態”が続くだろう」との予測も紹介されている。破談の可能性はあるのか 婚約内定からすでに4年が経とうとしているのに、さらに今後数年動きがないとなれば、まさに異例の事態だ。いよいよ“破談”も現実味を帯びてくるはずだ。しかし、そう簡単に破談にはならないのではないかとの声も多い。「ここまで騒ぎが大きくなるなかで、小室さんの方からお別れを決断するタイミングは何度もあったはずでしょう。にもかかわらず、ここまでずっと“破談”となっていないというのは、それだけ小室さんの意志が固いということなのだと思います。“何が何でも結婚する”と意固地になっているかのようにも見えますね」 また、眞子さまが佳代さんに“心酔されている”との報道もある。今年4月、小室さんは、佳代さんと元婚約者との金銭トラブルについて説明した28枚の文書を発表した。「眞子さまは、佳代さんと頻繁に連絡を取られており、“小室文書”などの一連の動きも、眞子さまご自身が動かれて発表されたものだと言われています。いわば、小室さんと同様か、それ以上に眞子さまのご結婚への意志が固いと言えるでしょう」 28枚の“小室文書”発表の4日後、小室さんサイドは元婚約者に対して「解決金」を渡す意志を表明した。「ここで解決金を渡すこととなれば、結婚問題も大きく進展するはずなのに、現状では具体的な動きは見えてきません。そういう意味では、むしろ小室さんサイドは、結婚問題の進展を望んでいないのではないかとさえ見えてきます。たしかに、小室さんは“眞子さまのフィアンセ”という特別な立場であるからこそ、授業料免除などのニューヨーク留学での“特別扱い”が受けられたと見られています。さらに、“眞子さまのフィアンセ”という立場を最大限に活用したうえで、今後の就職先を探したのではないかとの報道もありました。つまり、小室さんにとっては“現状維持”でも、それなりのメリットがあるわけです。 眞子さまと小室さんの意向とは別に、ここまで話がこじれると“破談”という可能性もそれなりにあると思います。ここで仮に小室さんが実際に解決金を渡すなどして一歩踏み出したにもかかわらず、話が進んで結局“破談”という結果になるかもしれない。それがお二人にとっての“最悪のシナリオ”であるならば、あえていまは動かずに“現状維持”を選ぶという判断もありうるのではないでしょうか」 今後、5年、6年と“婚約内定”の状態が続くというケースも十分にありえそうだ。
婚約内定からすでに4年が経とうとしているのに、さらに今後数年動きがないとなれば、まさに異例の事態だ。いよいよ“破談”も現実味を帯びてくるはずだ。しかし、そう簡単に破談にはならないのではないかとの声も多い。「ここまで騒ぎが大きくなるなかで、小室さんの方からお別れを決断するタイミングは何度もあったはずでしょう。にもかかわらず、ここまでずっと“破談”となっていないというのは、それだけ小室さんの意志が固いということなのだと思います。“何が何でも結婚する”と意固地になっているかのようにも見えますね」 また、眞子さまが佳代さんに“心酔されている”との報道もある。今年4月、小室さんは、佳代さんと元婚約者との金銭トラブルについて説明した28枚の文書を発表した。「眞子さまは、佳代さんと頻繁に連絡を取られており、“小室文書”などの一連の動きも、眞子さまご自身が動かれて発表されたものだと言われています。いわば、小室さんと同様か、それ以上に眞子さまのご結婚への意志が固いと言えるでしょう」 28枚の“小室文書”発表の4日後、小室さんサイドは元婚約者に対して「解決金」を渡す意志を表明した。「ここで解決金を渡すこととなれば、結婚問題も大きく進展するはずなのに、現状では具体的な動きは見えてきません。そういう意味では、むしろ小室さんサイドは、結婚問題の進展を望んでいないのではないかとさえ見えてきます。たしかに、小室さんは“眞子さまのフィアンセ”という特別な立場であるからこそ、授業料免除などのニューヨーク留学での“特別扱い”が受けられたと見られています。さらに、“眞子さまのフィアンセ”という立場を最大限に活用したうえで、今後の就職先を探したのではないかとの報道もありました。つまり、小室さんにとっては“現状維持”でも、それなりのメリットがあるわけです。 眞子さまと小室さんの意向とは別に、ここまで話がこじれると“破談”という可能性もそれなりにあると思います。ここで仮に小室さんが実際に解決金を渡すなどして一歩踏み出したにもかかわらず、話が進んで結局“破談”という結果になるかもしれない。それがお二人にとっての“最悪のシナリオ”であるならば、あえていまは動かずに“現状維持”を選ぶという判断もありうるのではないでしょうか」 今後、5年、6年と“婚約内定”の状態が続くというケースも十分にありえそうだ。
「ここまで騒ぎが大きくなるなかで、小室さんの方からお別れを決断するタイミングは何度もあったはずでしょう。にもかかわらず、ここまでずっと“破談”となっていないというのは、それだけ小室さんの意志が固いということなのだと思います。“何が何でも結婚する”と意固地になっているかのようにも見えますね」 また、眞子さまが佳代さんに“心酔されている”との報道もある。今年4月、小室さんは、佳代さんと元婚約者との金銭トラブルについて説明した28枚の文書を発表した。「眞子さまは、佳代さんと頻繁に連絡を取られており、“小室文書”などの一連の動きも、眞子さまご自身が動かれて発表されたものだと言われています。いわば、小室さんと同様か、それ以上に眞子さまのご結婚への意志が固いと言えるでしょう」 28枚の“小室文書”発表の4日後、小室さんサイドは元婚約者に対して「解決金」を渡す意志を表明した。「ここで解決金を渡すこととなれば、結婚問題も大きく進展するはずなのに、現状では具体的な動きは見えてきません。そういう意味では、むしろ小室さんサイドは、結婚問題の進展を望んでいないのではないかとさえ見えてきます。たしかに、小室さんは“眞子さまのフィアンセ”という特別な立場であるからこそ、授業料免除などのニューヨーク留学での“特別扱い”が受けられたと見られています。さらに、“眞子さまのフィアンセ”という立場を最大限に活用したうえで、今後の就職先を探したのではないかとの報道もありました。つまり、小室さんにとっては“現状維持”でも、それなりのメリットがあるわけです。 眞子さまと小室さんの意向とは別に、ここまで話がこじれると“破談”という可能性もそれなりにあると思います。ここで仮に小室さんが実際に解決金を渡すなどして一歩踏み出したにもかかわらず、話が進んで結局“破談”という結果になるかもしれない。それがお二人にとっての“最悪のシナリオ”であるならば、あえていまは動かずに“現状維持”を選ぶという判断もありうるのではないでしょうか」 今後、5年、6年と“婚約内定”の状態が続くというケースも十分にありえそうだ。
また、眞子さまが佳代さんに“心酔されている”との報道もある。今年4月、小室さんは、佳代さんと元婚約者との金銭トラブルについて説明した28枚の文書を発表した。「眞子さまは、佳代さんと頻繁に連絡を取られており、“小室文書”などの一連の動きも、眞子さまご自身が動かれて発表されたものだと言われています。いわば、小室さんと同様か、それ以上に眞子さまのご結婚への意志が固いと言えるでしょう」 28枚の“小室文書”発表の4日後、小室さんサイドは元婚約者に対して「解決金」を渡す意志を表明した。「ここで解決金を渡すこととなれば、結婚問題も大きく進展するはずなのに、現状では具体的な動きは見えてきません。そういう意味では、むしろ小室さんサイドは、結婚問題の進展を望んでいないのではないかとさえ見えてきます。たしかに、小室さんは“眞子さまのフィアンセ”という特別な立場であるからこそ、授業料免除などのニューヨーク留学での“特別扱い”が受けられたと見られています。さらに、“眞子さまのフィアンセ”という立場を最大限に活用したうえで、今後の就職先を探したのではないかとの報道もありました。つまり、小室さんにとっては“現状維持”でも、それなりのメリットがあるわけです。 眞子さまと小室さんの意向とは別に、ここまで話がこじれると“破談”という可能性もそれなりにあると思います。ここで仮に小室さんが実際に解決金を渡すなどして一歩踏み出したにもかかわらず、話が進んで結局“破談”という結果になるかもしれない。それがお二人にとっての“最悪のシナリオ”であるならば、あえていまは動かずに“現状維持”を選ぶという判断もありうるのではないでしょうか」 今後、5年、6年と“婚約内定”の状態が続くというケースも十分にありえそうだ。
「眞子さまは、佳代さんと頻繁に連絡を取られており、“小室文書”などの一連の動きも、眞子さまご自身が動かれて発表されたものだと言われています。いわば、小室さんと同様か、それ以上に眞子さまのご結婚への意志が固いと言えるでしょう」 28枚の“小室文書”発表の4日後、小室さんサイドは元婚約者に対して「解決金」を渡す意志を表明した。「ここで解決金を渡すこととなれば、結婚問題も大きく進展するはずなのに、現状では具体的な動きは見えてきません。そういう意味では、むしろ小室さんサイドは、結婚問題の進展を望んでいないのではないかとさえ見えてきます。たしかに、小室さんは“眞子さまのフィアンセ”という特別な立場であるからこそ、授業料免除などのニューヨーク留学での“特別扱い”が受けられたと見られています。さらに、“眞子さまのフィアンセ”という立場を最大限に活用したうえで、今後の就職先を探したのではないかとの報道もありました。つまり、小室さんにとっては“現状維持”でも、それなりのメリットがあるわけです。 眞子さまと小室さんの意向とは別に、ここまで話がこじれると“破談”という可能性もそれなりにあると思います。ここで仮に小室さんが実際に解決金を渡すなどして一歩踏み出したにもかかわらず、話が進んで結局“破談”という結果になるかもしれない。それがお二人にとっての“最悪のシナリオ”であるならば、あえていまは動かずに“現状維持”を選ぶという判断もありうるのではないでしょうか」 今後、5年、6年と“婚約内定”の状態が続くというケースも十分にありえそうだ。
28枚の“小室文書”発表の4日後、小室さんサイドは元婚約者に対して「解決金」を渡す意志を表明した。「ここで解決金を渡すこととなれば、結婚問題も大きく進展するはずなのに、現状では具体的な動きは見えてきません。そういう意味では、むしろ小室さんサイドは、結婚問題の進展を望んでいないのではないかとさえ見えてきます。たしかに、小室さんは“眞子さまのフィアンセ”という特別な立場であるからこそ、授業料免除などのニューヨーク留学での“特別扱い”が受けられたと見られています。さらに、“眞子さまのフィアンセ”という立場を最大限に活用したうえで、今後の就職先を探したのではないかとの報道もありました。つまり、小室さんにとっては“現状維持”でも、それなりのメリットがあるわけです。 眞子さまと小室さんの意向とは別に、ここまで話がこじれると“破談”という可能性もそれなりにあると思います。ここで仮に小室さんが実際に解決金を渡すなどして一歩踏み出したにもかかわらず、話が進んで結局“破談”という結果になるかもしれない。それがお二人にとっての“最悪のシナリオ”であるならば、あえていまは動かずに“現状維持”を選ぶという判断もありうるのではないでしょうか」 今後、5年、6年と“婚約内定”の状態が続くというケースも十分にありえそうだ。
「ここで解決金を渡すこととなれば、結婚問題も大きく進展するはずなのに、現状では具体的な動きは見えてきません。そういう意味では、むしろ小室さんサイドは、結婚問題の進展を望んでいないのではないかとさえ見えてきます。たしかに、小室さんは“眞子さまのフィアンセ”という特別な立場であるからこそ、授業料免除などのニューヨーク留学での“特別扱い”が受けられたと見られています。さらに、“眞子さまのフィアンセ”という立場を最大限に活用したうえで、今後の就職先を探したのではないかとの報道もありました。つまり、小室さんにとっては“現状維持”でも、それなりのメリットがあるわけです。 眞子さまと小室さんの意向とは別に、ここまで話がこじれると“破談”という可能性もそれなりにあると思います。ここで仮に小室さんが実際に解決金を渡すなどして一歩踏み出したにもかかわらず、話が進んで結局“破談”という結果になるかもしれない。それがお二人にとっての“最悪のシナリオ”であるならば、あえていまは動かずに“現状維持”を選ぶという判断もありうるのではないでしょうか」 今後、5年、6年と“婚約内定”の状態が続くというケースも十分にありえそうだ。
眞子さまと小室さんの意向とは別に、ここまで話がこじれると“破談”という可能性もそれなりにあると思います。ここで仮に小室さんが実際に解決金を渡すなどして一歩踏み出したにもかかわらず、話が進んで結局“破談”という結果になるかもしれない。それがお二人にとっての“最悪のシナリオ”であるならば、あえていまは動かずに“現状維持”を選ぶという判断もありうるのではないでしょうか」 今後、5年、6年と“婚約内定”の状態が続くというケースも十分にありえそうだ。
今後、5年、6年と“婚約内定”の状態が続くというケースも十分にありえそうだ。