18センチの凶器持った男、瞬時に制圧した日本の女性警官…映像公開されるや爆発的反応

日本で、18センチの長さの刃物を持った男を警察が瞬時に取り押さえる様子が公開されてネット上で爆発的な反応を得ている。
日刊スポーツによると、警察は10日午前、愛知県JR名古屋駅で刃体の長さ約18センチの包丁1本を所持して現れた男を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。
メディアは、当時駅には多くの乗客がいたがけが人はいなかったと伝えた。
警察はこの男が容疑を認めながらも不可解な供述をしているとし、詳しい事件の経緯を調べていると明らかにした。
一方、該当の男が警察によって取り押さえられる場面がSNSを通じて公開されると、ネット上では熱い反応が起きた。
ツイッターアカウント「ryo0205k」が同日掲示した50秒間の映像は一日で170万件を越える再生回数を記録した。
映像ではジーンズに暗めのTシャツを着て帽子をかぶった男が右手に凶器を持って駅の広場をうろついている。
こん棒と盾をもった警察2人が現れてあっという間に男を取り押さえると、男性は刃物を床に落として床に仰向けに倒れた。
映像には女性警察が該当の男を拘束した後、手錠を取り出して手首にかける様子も映っている。
コメントには「女性警官、すごい」「女性警官のたくましさ!!」「命をかけて私達国民を守ってくださる警察官の皆様に、改めて感謝です」「何が起こるか分からないから拘束中は出来るだけ現場に近寄らないでと警官の方が言われていました」などの反応が寄せられている。