「長期的に見れば敗北か」東京五輪、開催も“無観客” 問われる菅政権の責任

1都3県で「無観客」開催が決まった東京五輪。サッカー、マラソン、競歩が行われる北海道でも、観客は収容人数の50%以下(もしくは1万人以内)で開催が検討されている。また、北海道で行われるサッカー、福島の野球・ソフトボールも急きょ無観客に。宮城・茨城で行われるサッカー、静岡の自転車競技は、基準内の有観客かつ学校連携観戦のみ実施の予定だという。

【映像】「ワクチンも含めて五輪以外すべて後回し」問われる菅政権の責任
【1都3県で無観客開催が決定した主な種目】東京・・・開会式、閉会式、陸上、水泳、柔道、バドミントン、など神奈川・・・セーリング、サッカー、野球、ソフトボール千葉・・・テコンドー、レスリング、フェンシング、サーフィン埼玉・・・バスケットボール、ゴルフ、サッカー
8日、組織委員会の橋本会長は「感染状況が日々変わっていき、国、東京都の感染状況を見ながらなかなか決められなかった」とコメント。また、東京都の小池知事は同日の記者会見で「国の非常に強い危機意識を都としても共有し、人流の抑制、基本的な感染防止対策の徹底について、より実効性のある、一層強力な措置を講じていく」と述べ、「都民の命・健康を守る3つの柱」を徹底するとした。